発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
AGA芸能人の秘話 2017年4月22日

薄毛だけどカッコいい!AGA芸能人の秘話 ~小日向文世さん編~

【1】優しい顔からは想像できない悪役もこなす小日向さんは…我が道をゆくハゲ!?

ドラマや映画の名脇役として欠かせない、俳優の小日向文世さん。

その特徴でもある目尻の下がった屈託のない微笑みに癒されるかたも多いのではないでしょうか♪

今回は、そんな笑顔がチャーミングな小日向さんをご紹介したいと思います。

人柄の良さが反映されたかのようなビジュアル!

小日向さんは、“人が良さそうなおじさん”というイメージが強いのではないでしょうか?若い頃を想像することが難しい役者さんですよね。

柔和な雰囲気が醸し出され、非常に魅力的な男性ですが、どうしても気になってしまう点が…。

そう、小日向さんのおでこって、とっても広くないですか!?(失礼!)

…………小日向さんの頭は、“生え際が後退”している状態なんですね。

若い頃のイケメン・フサフサ時代

インターネットの検索エンジンに小日向さんの名前を打ち込むと、「若い頃」という第2検索ワード候補が出てきます。

気になってそのキーワードで画像検索してみると…。

そこには見覚えのある優しそうなお顔立ちの美少年が!!決定的に違うのは、髪の毛のボリュームとおでこの面積…ですかね。

ここ近年は短髪の小日向さんですが、若い頃は髪の毛を伸ばし、パーマもかけていた模様。もしかすると、オシャレのために髪の毛を痛めつけすぎたがために今のような“薄毛”になってしまったのでは?とも思ってしまいます(苦笑)。

ちなみに、小日向さんのような言葉に説得力のある俳優のかたが、発毛剤のコマーシャルに出たら、なかなかの宣伝効果を得られるとは思いませんか?

現在、日本で認可されている発毛剤は大正製薬の「リアップ」シリーズのみ。ミノキシジルという成分が配合されている商品なのですが、この効果を小日向さんが体感し、世に広めることで、薄毛に悩んでいる男性に勇気を与えることができそうですよね♪

【2】小日向さんの波乱万丈な経歴と現在の髪型に至るまで

では、ここからは小日向さんの経歴をピックアップするとともに、髪型の変化にも着目していきたいと思います♪

1954年生まれ、北海道三岳市出身の小日向さん。魅力の1つでもある“素朴さ”とは、豊かな大自然の中で育まれたものなのかもしれませんね♪

入院生活で決意!好きなことだけをして生きるスタンス

専門学校時代に行ったスキー中に複雑骨折という大怪我をした小日向さん。その入院生活は、8回もの手術を受けなければならないという厳しいものだったそう。そんなつらい生活の中で、「こんなに痛い思いをしたのだから、これからは好きなことだけをやろう」という決意に至ったそうですよ。

ここからが小日向さんの「自分探し」が始まるのですが、「俳優」に辿り着くまでは一筋縄ではいかなかったんだとか。

写真の専門学校に通いだすも、自分の性に合っていないと感じた小日向さんは悩みに悩みぬいた末に、23歳である劇団に入団します。

4畳半のアパートで生活しながら、劇団の稽古とアルバイトの日々で、その暮らしは安定とは程遠いものだったそうです。そんな生活の中でも、「劇団で得られる刺激は、まったく飽きの来るものではなかった」とも語っています。

ちなみに、小日向さんが27歳のときにテレビに出演した際の画像を見てみると、おでこが広くなって来てはいるものの、フサフサの髪の毛はご健在の模様(笑)。それはさておき。

その劇団には解散するまで19年間在籍していたそうなんですが、役者への情熱は冷めるどころか、「今度は映像の世界でやっていこう!」と志新たに再スタートを切ったといいます。

解散した当時で42歳になるわけですから、夢を諦めるタイミングとしてもおかしくない年齢と思うかたも多いはず…。それでも役者を辞めなかったということは、入院中の決意はさぞかし強いものだったんですね。

こうして、いざ映像の世界に飛び込んだとは言え、仕事はほぼゼロだったそうです…。42歳にして貯金どころか、借金しながらの生活をしていたのだとか…!!

さらにここで驚くのが、話は少し遡りますが、小日向さんは39歳で結婚していたそう!

奥様も相当の不安を強いられたのでは?と思いきや、お二方とも“いつかは仕事が来る”というような考えをお持ちだったようで、楽観的に捉えていたそうです。寛大というか、なんというか…。とにかく、強い絆があることは確かなようです!

大人気ドラマ「HERO」への出演で人生大逆転!

42歳で映像の世界に入った小日向さんですが、借金をしながらの苦しい家計状況…。そんな暮らしが5年間続いたある日、小日向さんに人生の転機がやって来ます。

木村拓哉さん主演の大ヒットドラマ「HERO」(2001年放送)への出演が決まり、遅咲きの名脇役として一気に注目を浴びることに!「HERO」と言えば平均視聴率が30%を超える人気ドラマですからね。そのメインキャストを務めたことで、小日向さんの俳優人生は一気にステージアップしていきます♪

ちなみに小日向さんはレギュラーの事務次官役に抜擢されたましたが、この頃には随分と生え際も後退し、逆にそのさまが役とマッチしているようにも思えましたよね。

一方、「アウトレイジ」(2010年公開)では冷酷な刑事役を演じ、イメージを一変させたことが話題を集めます。人柄の良さが見た目に反映されている小日向さんが悪人役を演じることでギャップが際立ち、より観客の恐怖を煽ったのかも…!

さて、そんな小日向さんですが、インターネットで自身の名前を検索することもあるのだとか。「“ハゲ”とか出てくるけど、もうそれは慣れました(笑)」と気にしていないご様子なんです。

いったい、それはなぜでしょう?

【3】ミノキシジル配合のリアップを使ってフサフサになったら…?

先ほどもお伝えしましたが、小日向さんは自身に関するサイトを閲覧した際に出てくる「ハゲ」という言葉を気にしていません。それは、俳優としての地位を築き、役にマッチした演技ができるという実力があるかただからなのかもしれませんね。

不思議と安心感が生まれる小日向さんの薄毛

確かに、小日向さんが演じる役は、私たちのまわりにもいるような身近なキャラが多いんですよね。

ビル街を歩くサラリーマンや子供と戯れる父親といった、日常に密着した役柄が多々見られので、小日向さんにとっての“薄毛”とは、役作りをするうえで大きな武器になっているとも考えられます。

マゲ姿の小日向さんは違和感ゼロ!?

小日向さんは映画「清洲会議」(2013年公開)や、大河ドラマ「真田丸」(2016年放送)といった時代劇にも出演されているんですね。時代劇といえば、やはりチョンマゲが付きもの!小日向さんもしっかりマゲ姿を披露していますよ♪

もともとおでこが広いせいなのか、マゲ姿になっても何の違和感もなく、むしろ普段のお姿を忘れてしまうくらい似合っているんです!

役作りとしてはパーフェクトでしょうけど、男としては複雑な心境かも(笑)。

しかし、他の俳優の方々よりも下積み時代が長く、仕事がゼロの厳しさも熟知しているので、「今の自分がいるのは家族のおかげ」と数々のインタビューで語っています。奥様やお子様にとっても“薄毛”なんて些細な問題で、ストイックな仕事ぶりは尊敬に値するものなのかもしれません。

――とは言え。小日向さんにとっては大事な商売道具にも思えるその髪型(薄毛)なんですが、やはり若い頃の写真を見てしまうと、ぜひ発毛にもチャレンジしていただきたい!とも思ってしまいます(笑)。

ミノキシジル配合の「リアップ」シリーズで、後退した生え際を本来の位置に戻すことができたのなら、実年齢よりも若い役を演じることも可能なのかも…!?

髪の毛を少し伸ばしてキチッとした七三分けにしたら、今までのスーツ姿に円熟味が増して、スマートな一面も垣間見ることができそうですし、若い頃のようなパーマ姿にカラーレンズ入りのメガネをかけたら、笑顔とのギャップで女性ファンが急増しそう♪

近年では、中年男性の魅力が注目されがちですから、若い世代の女性も虜にできたのなら、俳優業でさらに…さらに飛躍するかもしれませんよ!

薄毛のままでも十分な魅力を持っている小日向さんですが、発毛によるイメージチェンジで、今までとは違う一面も見せてほしいところ。ぜひ、小日向さんにはミノキシジル配合の発毛剤「リアップ」シリーズを使ってみてもらいたいものです。

ということで、今回は俳優の小日向文世さんをご紹介いたしました!

【文責・株式会社A4studio/芸能人イラスト・もりいくすお】