発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!

ミノキシジル認知度調査!【渋谷の若者30人に街頭インタビュー】Vol.2 今回のテーマ「『ミノキシジル』の発音はどこで区切ると思いますか?」

「発毛アンサー」読者のみなさんは、もう「ミノキシジル」のことはご存知ですよね?

ミノキシジルが日本の厚生労働省が発毛効果を認めた発毛成分である…ということまでは知らなくても、AGA対策の有効成分であるということは知っているのではないでしょうか。

そう、言わずもがな、ミノキシジルとは薄毛治療における重要キーワード!

しかし、前回の調査(ミノキシジル認知度調査!【渋谷の若者30人に街頭インタビュー】Vol.1 「『ミノキシジル』とはなんだと思いますか?」)にて、渋谷の若者たちには全くと言っていいほど知られていないという事実が発覚しました…!

悲しいかな、これが現実なのかもしれません。

そこで、「発毛アンサー」はミノキシジルの認知度調査企画のVol.2として、ミノキシジルの発音(読みかた)にフィーチャー♪

ほぼ薄毛に無関心であろう渋谷にいる10代後半~20代前半の男女、30人に街頭インタビューを敢行しました!(調査日:2017年7月8日)

Vol.2となる今回のテーマは、

≪『ミノキシジル』の発音はどこで区切ると思いますか?≫

実際、「ミノキシジル」を発音する際に途中で区切る必要はないのですが(笑)、ミノキシジルについて無知な若者たちが、いったいどのような発音をするかを知るべく、調査してきた次第!

ということで、街頭インタビュームービーと併せて調査結果をご覧ください。

【1】ミノキシジルの“ジル”は…“汁”?…“ジェル”?大混乱!

「ホルモンの液体!」「オーガニックのジェル!」など

渋谷の若者たちは「ミノキシジル」を一体どのように発音し、どのように区切るのか…街頭インタビューの結果から、彼ら・彼女らの声をいくつかご紹介していきましょう。

●「『ミノキシ・ジル』。なんかホルモンの液体みたいな感じ…?わからないです(笑)」

[編集部コメント:発言している本人もなにを言っているのかわかっていないような感じですが(笑)、「ミノキシジル」の「ジル」を「汁」と脳内変換したのは間違いないようです]

●「『ミノキ・シジル』という名の微生物では?」

[編集部コメント:「アメーバ・ラディオサ」、「ポテリオデンドロン」、「トラケロフィルム」といった微生物と同列に並べられるようなイメージなんでしょう…]

●「汁物のイメージだから『ミノ・キシジル』かな?」

[編集部コメント:例えば、岐阜県美濃市の名物「きし麺汁」…みたいなイメージですかね?ちなみに美濃市にそのような名物はございません(笑)]

●「健康飲料だと思う。なので『ミノキシ・ジル』で区切る」

[編集部コメント:「ミドリムシドリンク」がちょっとしたブームになっていますが、その類似の「ミノキシドリンク」=「ミノキシジル」といった連想でしょう]

●「“ジル”の部分は“ジェル”ってイメージ。オーガニック系のミノキシって種類のジェル。だから『ミノキシ・ジル』♪」

[編集部コメント:「ジル」を「ジェル」と連想する斬新な発想です。しかもオーガニックなんていう単語まで飛び出すとは…]

ミノキシジルは“汁”イメージに引っ張られがち(笑)

前回調査で報告したとおり、渋谷の若者30人はミノキシジル自体を一切知らなかったため、イメージもバラバラ…。

ただ、やはり“ジル”の部分で汁ものをイメージする人が多かったため、発音や区切りかたも“汁”に引っ張られている傾向が強いようです。

正直、「だからなに?」とツッコミが入りそうな調査でしたが(笑)、要するに、それだけミノキシジルが現代の若者たちに全く知られていないという事実を、改めて露呈した結果と言えるでしょう!

【2】ミノキシジルを改めて解説!ミノキシジルのナゾに迫る!

そもそもミノキシジルって?改めて説明します!

それではここでは、改めてミノキシジルについて解説していきましょう。

ミノキシジルとは厚生労働省が正式に発毛効果を認めている発毛成分。大正製薬が手掛けている発毛剤「リアップ」シリーズはミノキシジルが配合されているからこそ、“発毛剤”を名乗れているのですね。

AGA対策の一つの指針として信頼のおける、日本皮膚科学会発表の「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」をチェックしてみると、その有効性が一目瞭然!「自毛植毛術」は推奨度B(行うよう勧められる)、「人工毛植毛術」は推奨度D(行わないよう勧められる)といった評価が下されるなか、「ミノキシジル」は堂々の推奨度Aを獲得しているんですね♪

そんなミノキシジルの歴史を振り返ると、意外な事実も出て来るんです。

アメリカで1960年代に開発されたミノキシジルは、かつて高血圧の治療薬だったものの、「多毛症」という副作用が発見されたんだそうです。この副作用を主作用に変えることで、まずは1980年代に「ロゲイン」というアメリカ製のミノキシジル配合・発毛剤がデビューし、1999年には日本でもミノキシジルを配合した発毛剤「リアップ」シリーズが誕生したのです♪

【3】まとめ――ミノキシジルはともかく覚えておくべきキーワード!

ミノキシジルと発毛剤の正しい意味を広めていこう

いかがでしたでしょうか?

今回の街頭インタビューの調査結果を見れば、若者たちがいかにミノキシジルにについて無知であるかがわかったはず。

でも、それもそのはず。10代後半~20代前半の渋谷の若者たちは、ほとんどの人がまだ薄毛に悩んでいないでしょうから、現在の自身に無関係な医薬成分の名前を知らなくてもムリはありません。

とは言え、今の若者たちのなかにも、10年後、20年後に薄毛で悩む人はきっといるはず…。

もし身近にミノキシジルを知らない若者がいたら、人生の先輩として、さりげなくミノキシジルのすごさを布教していきましょう(笑)♪

【文責・株式会社A4studio】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
挿入されている画像やイラストを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。