発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!

ミノキシジル認知度調査!【渋谷の若者30人に街頭インタビュー】Vol.3 今回のテーマ「『ミノキシジル』を使って例文を作ってください」

「発毛アンサー」読者のみなさんは、突然「『ミノキシジル』を使って例文を作ってください」と言われ、正しい文章を作れますでしょうか?

“日本の厚生労働省が発毛効果を認めた発毛成分である”ということまで知っているかたであれば、ばっちりミノキシジルの正解例文を作れることでしょう。しかし、なんとなく聞いたことがある程度のかたの場合、正しい例文を作るのは難しいかもしれませんね。

さて、渋谷の若者たちに街頭インタビューを敢行するミノキシジル認知度調査も今回がVol.3となりますが、若者がミノキシジルについて全く無知であることは前回、前々回の調査で明るみになっています。

ですが、今回もあえて、渋谷にいる10代後半~20代前半の男女、30人に街頭インタビューを敢行しました!(調査日:2017年7月8日)

Vol.3となる今回のテーマは、

≪『ミノキシジル』を使って例文を作ってください≫

渋谷の若者たちがミノキシジルについて知らないことを承知のうえで、あえて例文を作ってもらうというチャレンジ企画!

ということで、街頭インタビュームービーと併せて調査結果をご覧ください。

【1】健康食品的例文や文学的例文まで…十人十色の必見作分!

「NO ミノキシ NO ライフ」「ミノキシってね??」など

渋谷の若者たちは、知りもしない「ミノキシジル」を使って一体どんな文章を作るのか…!?街頭インタビューの結果から、いくつかご紹介していきましょう!

●「みのきしじるの入った料理」

[編集部コメント: もしかしたら「シジミ」を連想したのかも。「ミノキシジル」の中に「シ」と「ジ」と「ミ」が含まれていますからね]

●「ミノキシじるのCMに五郎丸が出てきた」

[編集部コメント:ラグビー選手の五郎丸さんはポジティブ&アクティブな印象がありますから、健康飲料(?)のイメージキャラとしてはぴったりかもしれませんね]

●「オレのミノキシ汁」

[編集部コメント:「俺のフレンチ」、「俺のイタリアン」の派生形でしょうか(笑)]

●「NO ミノキシ NO ライフ」

[編集部コメント:この例文を書いた彼にとっては、ミノキシジルは音楽以上に人生に欠かせないもののようですね(笑)]

●「ミノキシジルを飲むと精力が上がる」

[編集部コメント:ウナギが体内に保有している成分…みたいなことを想像したんでしょうか?]

●「みのきしじる ああ、いいな みのきしじる」

[編集部コメント:意味がわからないですし、意味はないのかもしれませんが、なんだかほっこり…♪]

●「昨日の晩ごはん、みのきし汁、もうトイレから出られない」

[編集部コメント:豚汁的なイメージなのでしょうが、なぜトイレから出られなくなるのか…!?超強力な下剤的効果があるとか…?]

●「会社の先輩から頂いた、みのきし汁」

[編集部コメント:先輩が地方出張のおみやげで買って来てくれたんでしょうかね…]

●「夜のお供、みのきし汁」

[編集部コメント:こちらも精力増強といったイメージのようです]

●「え、ちょっとミノキシってね??」

[編集部コメント:この例文を作った彼女いわく、「ミノキシジる」というのは臭いを発するというニュアンスの動詞とのこと]

●「みのきしじるすぎんか?」

[編集部コメント:同じく、臭い(主に悪臭)を発するという意味らしい…]

●「ミノキシジルは笑ったよ」

[編集部コメント:元ネタは宮沢賢治のクラムボンでしょう]

●「見ざる、言わざる、ミノキシジル」

[編集部コメント:元ネタは「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿でしょう]

飲食物を彷彿させる例文が王道だったが、なかには…(笑)

そもそもミノキシジルを知らない若者たちが作った例文の数々、いかがだったでしょうか?

“ジル”から“汁”を連想して、お味噌汁のような料理や、健康飲料をイメージしたかたは多かった模様。基本的に健康に良さそうなイメージが先行していましたが、なかには精力増強剤や下剤を思わせるような文章を作ってくれた若者もいました。

また、「NO ミノキシ NO ライフ」という壮大(?)な名言が飛び出したかと思えば、「え、ちょっとミノキシってね??」のように動詞として使って、“ミノキシる”=“臭う”と表現したかたも…(笑)。

他には、「ミノキシジルは笑ったよ」と宮沢賢治作品を彷彿させる文学的な例文や、「見ざる、聞かざる、ミノキシジル」となぜか三猿をオマージュした例文も飛び出していました!

正直「だからなに?」とツッコミが入りそうな調査でしたが(笑)、要するに、それだけミノキシジルが現代の若者たちに全く知られていないという事実を、改めて露呈した結果と言えるでしょう!

【2】まとめ――若者にも正しいミノキシジルの知識を広めよう!

ミノキシジルの素晴らしさを若者にも啓蒙しよう♪

今回の街頭インタビューでは、渋谷の若者たち30人に「ミノキシジル」を使った例文を作成してもらいましたが、いかに若者たちがミノキシジルについて無知であるか、改めてわかったのではないでしょうか?

ミノキシジルが発毛成分であることさえ知らないのですから、ミノキシジルがそもそもどのように誕生したのかや、ミノキシジルにどんな副作用があるかなど、渋谷の若者が知る由もないのは言わずもがな…。

ですが、10代後半~20代前半の若者と言えど、10年後、20年後に薄毛で悩む人はきっといるはず!もし身近にミノキシジルを知らない若者がいたら、人生の先輩として、ミノキシジルのすごさや秘密をこっそり教えてあげてください(笑)。

【文責・株式会社A4studio】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
挿入されている画像やイラストを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。