発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
ミノキの名は。 2017年9月10日

ミノキシジル×映画「君の名は。」パロディムービー 【ミノキの名は。】Vol.3 ~髪の毛量が入れ替わってる編~

みなさんは発毛剤を使用したことはありますか?

発毛剤とは読んで字のごとく、「毛を生やす(発する)効果のある薬剤」ですが、この発毛剤に含まれる発毛成分こそミノキシジル!

「発毛アンサー」ではこれまでに何度もミノキシジルについて触れてきましたが、改めてミノキシジルについて端的に解説しますと、

≪ミノキシジルとは厚生労働省が正式に発毛効果を認めた発毛成分≫

ということになります。

ただ、薄毛に悩んでいる人以外には、この発毛成分ミノキシジルはまだまだ認知度が低いですよね…。

実際、2017年7月に「発毛アンサー」で渋谷の若者たちに行った街頭インタビューの調査では、30人中1人もミノキシジルのことは知らなかったんです。

そこで「発毛アンサー」は、どうすればミノキシジルの認知度がもっともっと上がるかを考えた結果、ミノキシジルのCM風ムービーを制作したのでした。

テーマは、2016年8月に公開し、興行収入約250億円という大記録を達成したアニメーション映画「君の名は。」のパロディ!「君の名は。」にミノキシジルを引っ掛けたムービー作品になっております。

約1分~1分半のショートムービーを5作制作したうちの、今回ご紹介したのは3作目。残りの4作もぜひお楽しみください。

ミノキシジルに引っかけた「君の名は。」パロディムービー解説(前半パート)

本家のオマージュ的に体が入れ替わったミキ(男)とミノハ(女)だが…!?

ここからは【ミノキの名は。】Vol.3のストーリーや撮影ロケーションについて、ご説明していく所存です!

本家「君の名は。」を鑑賞済の人であれば、【ミノキの名は。】のタイトルバックとなっているオープニング映像にピンと来たはず。

タイトルバックで映っている湖、実はここ、本家「君の名は。」の聖地(モデルとなったと言われている場所)と噂の長野県諏訪市にある諏訪湖。

「君の名は。」は東京に住む男子高校生と地方の田舎に住む女子高校生の“入れ替わり”モノですが、その女子高生サイドの田舎にはシンボル的に大きな湖・糸守湖があり、その糸守湖の周囲に人々が住んでいるという設定。そんな糸守湖の聖地の最有力候補がこの諏訪湖というわけです。

オープニング映像についての解説が終わったところで、続いてはストーリーの解説!

田舎町の階段にポツンと座るセーラー服女子・ミノハちゃん(本家「君の名は。」の女性主人公・宮水三葉のポジションの役)。このロケ地は、実際に本家の劇中でそっくりな場所が登場する岐阜県高山市。

さて、階段に腰掛けるミノハちゃんですが、ちょっと挙動が不審です…。自分の胸を不思議そうに触ったり、サラサラのきれいな髪を嬉しそうに触ったり…。

一方、場面は変わって東京新宿区の「君の名は。」聖地。この信濃町駅付近にある歩道橋の上で、同じく挙動不審な動きを見せる薄毛アラサー男子・ミキ君(本家「君の名は。」の男性主人公・立花 瀧のポジション)。

ミキ君が不思議そうに自分の頭をペタペタと触っています…そこに、ミノハちゃんの声でナレーション。

ミノハちゃんナレーション:「これって…これってもしかして…!」

再び、田舎町の階段に座るミノハちゃんが映し出されますが、かかるのはミキ君の声のナレーション。

ミキ君ナレーション:「俺たちは髪の毛量が…」

そして、ミノハちゃんとミキ君のナレーションがシンクロして…

ミノハちゃん&ミキ君ナレーション:「入れ替わってる!?」

その後、すかさずミノハちゃんが「さすがミノキシジル!♥」とニコニコのスマイルで絶賛。手には「ミノキシジル」と書かれたボトルを持っています…。

ミノキシジルに引っかけた「君の名は。」パロディムービー解説(後半パート)

要するに2人は、体全体が入れ替わっていることに気づいてなかったのだ!!

…………なんだかややこしくなってきました!!一旦整理しましょう!

どうやらミキ君とミノハちゃんは体が入れ替わってしまっている模様。

つまり、田舎町の階段にいたミノハちゃんの体にはミキ君の精神が宿っており、逆に東京にいたミキ君の体にはミノハちゃんの精神が宿っている、と。

ここまでは本家「君の名は。」の設定を踏襲していますね。

だが、しかし!ミキ君とミノハちゃん、なぜか入れ替わったのは体全体ではなく、髪の毛だけが入れ替わったものと勘違いしているようで…………(あふぉですね)。

つまり、ミノハちゃん(中身はミキ君)が「さすがミノキシジル!♥」と絶賛していたのは、男の体の状態で薄毛に悩んでいたミキ君が、女の体に入れ替わっていることを知らなかったからなんですね。そう、ミノキシジル入りの発毛剤を使った効果で、髪がフサフサ生えてきたと勘違いしていたというわけです。

ラストシーン、場面が変わり、

「※ミノキシジルには発毛効果はありますが、異性と体が入れ替わる効果はありません」

との注釈テロップが入ります。

ミノキシジルには異性と体が入れ替わる効果はない――至極まっとうな解説です。

ちなみに、この最後のシーンは岐阜県美濃市(「君の名は。」聖地・高山市のお隣のお隣)の情緒ある町並みですが、この風景が使われた理由…それは…美濃市(ミノシ)とミノキシジルの語感がなんとなく似てたから!!そんだけ!!!!

美濃市と「君の名は。」は一切関係ありません!!!!

【文責・株式会社A4studio】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
挿入されているムービーを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。

出演/小林勝宗、橘 咲良
監督・脚本/昌谷大介
制作/株式会社A4studio