発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
ミノキの名は。 2017年9月10日

ミノキシジル×映画「君の名は。」パロディムービー 【ミノキの名は。】Vol.4 ~あの男(あの女)は~!!編~

「発毛アンサー」をご覧いただいているみなさんは、そろそろミノキシジルの効果について、ズバッと答えられるようになっているかもしれませんね。

念のため改めて説明しておきますと、

≪ミノキシジルとは厚生労働省が正式に発毛効果を認めた発毛成分≫

ということになります。

けれどミノキシジルという発毛成分は、AGAなどで薄毛症状に悩んでいる人たちへの認知度は高くても、それ以外の人々にはほとんど知られていないというのが実情。

「発毛アンサー」としては、ミノキシジルという存在を世間のみなさんにもっと知っていただきたい!…そう考え、ミノキシジルのCM風ムービーを制作した次第です!

テーマは、2016年8月に公開し、興行収入約250億円という大記録を達成したアニメーション映画「君の名は。」のパロディ!「君の名は。」にミノキシジルを引っ掛けたムービー作品になっております。

約1分~1分半のショートムービーを5作制作したうちの、今回ご紹介したのは4作目。残りの4作もぜひお楽しみください。

ミノキシジルに引っかけた「君の名は。」パロディムービー解説(前半パート)

本家を踏襲した展開で体が入れ替わった男女2人の日常風景をお届け…?

ここでは【ミノキの名は。】Vol.4のストーリーを解説しつつ、撮影地となった「君の名は。」の聖地(モデルとなったと言われている場所)などもご紹介していきたいと思います!

【ミノキの名は。】のタイトルバックとなっているオープニング映像は、本家「君の名は。」の聖地と言われている場所、長野県諏訪市にある諏訪湖です。

「君の名は。」は東京に住む男子高校生と地方の田舎に住む女子高校生の“入れ替わり”モノ。その女子高生サイドの田舎にはシンボル的に大きな湖・糸守湖があり、その糸守湖の周囲に人々が住んでいるという設定なんですね。

そんな劇中の糸守湖ですが、「君の名は。」の新海誠監督が長野県出身であることから、長野県の諏訪湖がモデル(聖地)の最有力候補として挙がっているのです。

ということで、いよいよストーリー解説!

最初のシーンは、本家「君の名は。」でもお馴染みの岐阜県高山市の聖地。この田舎町の駅前ロータリーに、セーラー服女子・ミノハちゃん(本家「君の名は。」の女性主人公・宮水三葉のポジションの役)が佇んでいます。

…が、ミノハちゃんの行動に注目!いえ、注目したくなくても、目に飛び込んでくるであろうその挙動…。パクパク、パクパクと一心不乱にわかめ(肉厚カットわかめ)をむさぼっているではないですか…!!

場面転換後は一転して都会の風景。こちらは東京都新宿の信濃町駅付近にある「君の名は。」聖地なのですが、こちらに佇んでいるのはM字に額が後退している薄毛アラサー男子・ミキ君(本家「君の名は。」の男性主人公・立花 瀧のポジション)。

ミキ君は無邪気に(抜け毛なんて一切気にしないように)頭をボリボリ、ボリボリ…。

…そこに、ミキ君の声でナレーション。

ミキ君ナレーション:「女子の視線、抜け毛注意!」

再び、田舎町のロータリーにいるミノハちゃんが映し出されますが、ここでかかるのはミノハちゃんの声のナレーション。

ミノハちゃんナレーション:「私の食生活変えるなよ!わかめばっかり食いやがって!ミノキシジル使えよ!」

そして、ミノハちゃんとミキ君のナレーションがシンクロして…。

ミノハちゃん&ミキ君ナレーション「あの男(あの女)は~!」

ミノキシジルに引っかけた「君の名は。」パロディムービー解説(後半パート)

ツンデレなミノハはワカメが主食の男・ミキにミノキシジルをおすすめ♪

…………なんだかややこしくなってきました!!一旦整理しましょう!

どうやらミキ君とミノハちゃんは体が入れ替わってしまっている模様。

つまり、田舎町のロータリーにいたミノハちゃんの体にはミキ君の心が入り込んでおり、逆に東京の信濃町駅付近にいたミキ君の体にはミノハちゃんの心が入り込んでいる、というわけですね。

本家「君の名は。」の設定を踏襲しているわけです。ちなみに彼らのセリフも本家のオマージュ。ですが、オマージュというかパロディですから、セリフの中身は変わっております。

ミキ君の体に入ったミノハちゃんは、抜け毛なんて気にしてませんから、ボリボリと無造作に頭を掻いてしまっています。それを知ったミキ君(本来の体の持ち主)は「女子の視線、抜け毛注意!」と指摘しているのです。

一方、ミノハちゃんの体に入ったミキ君は、AGA対策として日頃からわかめをおやつ代わりにしているのでしょう…ミノハちゃんの体は髪の毛フサフサなのに、いつもの習慣が抜けずにわかめをバクバク食べまくっていると。それに呆れたミノハちゃん(本来の体の持ち主)が、「私の食生活変えるなよ!わかめばっかり食いやがって!ミノキシジル使えよ!」と罵倒していたわけですね。

……あふぉですね、2人とも。

ラストシーン、場面が変わり、ミノハちゃんの声でナレーション。

ミノハちゃんナレーション:「ミノキシジルとは、厚生労働省が正式に発毛効果を認めている発毛成分。

世の中に数ある『育毛剤』では新たな毛を生やすことはできませんが、

ミノキシジルを配合した『発毛剤』ならば、新たな毛を生やす効果があります」

わかめばっかり食っているミキ君に苦言を呈しつつ、ミノキシジルと発毛剤についてしっかりレクチャーしてあげてますね。ミノハちゃん、なにげにやさしいですね。

余談ですが、最後のシーンは岐阜県美濃市(「君の名は。」聖地・高山市のお隣のお隣)の情緒ある町並みですが、この風景が使われた理由…それは…美濃市(ミノシ)とミノキシジルの語感がなんとなく似てたから!!そんだけ!!!!

美濃市と「君の名は。」は一切関係ありません!!!!

【文責・株式会社A4studio】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
挿入されているムービーを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。

出演/小林勝宗、橘 咲良
監督・脚本/昌谷大介
制作/株式会社A4studio