発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
徹底研究 2017年6月14日

薄毛を“隠す”ならコレ!?【薄毛隠蔽アイテム】メリット・デメリット徹底研究vol.3 ≪増毛編≫

AGA(男性型脱毛症)の対策には、どんな方法があるでしょうか?

現在生えている髪の毛が抜けにくくなるよう、丈夫に育てたいという場合は育毛剤を使うのがいいですね。一方、新しく髪の毛を生やしたいという場合は大正製薬の「リアップ」シリーズのように、発毛成分「ミノキシジル」が配合された発毛剤を使うべき!

ただ、育毛剤や発毛剤リアップシリーズは頭皮に塗ったその日や翌日に効果が表れるものではなく、数ヶ月単位で継続して使うのが大前提の商品…。今すぐにでも薄毛に別れを告げたいと熱望しているかたは、じれったく感じてしまうことでしょう。

そんなときは少し発想を変えてみて、“ひとまず薄毛を隠蔽する”という方向性で考えてみるのもよさそうです。いくつかある対策法のうち、今回は「増毛」をテーマにしてみましたよ!

【1】増毛ってどういう仕組み?育毛や発毛とはそもそも根本から違う!

人工の毛を、自分の髪の毛に結びつけてボリュームアップするのが増毛!

増毛を字面通りに解釈すれば“毛”を“増”やすということになりますが、ミノキシジルの作用で髪の毛を生やしてくれる発毛剤リアップシリーズだって、同じように増毛の役割を持っていると言えそうですよね。

しかしスカルプケアの世界において増毛とは、専門のサロンなどで処置してもらう技術サービスのことを指し、ミノキシジルを配合しているリアップシリーズのような発毛剤とは、また別モノなのです…。

ズバリ増毛の効果は、元から生えている髪の毛の根元に人工の毛を何本か結びつけ、今以上にボリューム感を出すこと!

1つの毛穴から実際に生えている髪の毛は1本だけだったとしても、増毛の技術を使えば、もっとたくさんの髪の毛が伸びているかのように見せられるわけですね。なるほど、こうすれば確かに薄毛を目立たなくできます!

また、男性にはあまり馴染みがなく、女性のオシャレに使われる機会の方が多いかもしれませんが、ヘアーエクステンションも増毛の一種だと考えられるでしょう。

増毛のメリットは、頭皮を傷めてしまう危険性がほとんどないこと!

ここからは、増毛の良い点・悪い点について掘り下げてみたいと思います!

特筆すべきメリットは、増毛は髪の毛だけをターゲットに施術するため、頭皮そのものを傷める危険性がほとんどないということでしょう。育毛剤や発毛剤は薬液を頭皮に直接塗るわけですから、その成分が自分の体質に合っているか、アレルギーを起こさないか…と不安に感じてしまい、なかなか手を出せないというかたもいるかもしれませんよね。

そして、薄毛を隠蔽するためにはカツラやウィッグといったアイテムに頼る方法もありますが、これらは頭皮に密着する分、蒸れてしまうのではないかと危惧されます。増毛だったらその心配はないですし、これまで通りの自然な感触を維持したまま日常生活を送れそうですね!

そのほか、結びつける髪の毛の本数を段階的に増やすようペースを調整することで、「あの人、髪が急にフサフサになった?」と周りに怪しまれなくて済むのも嬉しいポイント。

増毛のデメリットは、大元の結びつけた髪と一緒に抜けてしまうなど

では、デメリットについてはどうでしょうか?

いくら頭皮にはダメージがないと言っても、髪の毛の1本1本に人工毛を結びつけるという行為は、自分の貴重な髪の毛に多少なりとも負荷をかけてしまうはず。

また、大元の髪の毛が抜けてしまえば当然、人工毛も頭皮から一緒に離れていく運命ですので、「せっかくお金を出して結びつけてもらったのに!」と損した気分になるかも!?

それに増毛で使用するのはあくまでも人工毛ですから、結びつけた状態から勝手に成長することはありえません。しかし元になっている髪の毛が伸びれば、根元にある人工毛の結び目も徐々に押し上がっていきますよね。何もせずに放置したら、違和感のある外見になってしまうことは避けがたいでしょう…。

つまり増毛のサービスは一度受けて「はい、終わり」ではなく、サロンで人工毛を結び直してもらったり、増毛にちゃんと理解のある人に散髪を依頼したりと、定期的なお手入れが必要になってくるのです!

増毛は誰でも気軽に始められるという印象があったかもしれませんが、現実的には追加でかかる手間や費用を前もってイメージしておかなければいけませんし、越えるべきハードルがあるということですね。

【2】増毛サービスはどこで受けられる?人気企業をチェックしてみよう!

株式会社アデランスで受けられる「ピンポイントシリーズ」とは?

増毛サービスを実施している企業はいくつもありますが、今回は1968年の創業以来、日本のスカルプケア業界を牽引してきた株式会社アデランスをクローズアップしてみましょう!

アデランスの増毛は“自分の髪を活かして、気になるところだけピンポイントに増やします”というスタンスのようで、提供サービスの1つに「ピンポイントシリーズ」があります。

シリーズの中でも増毛法が4種類に分かれており、最もスタンダードな「ピンポイントフィックス」は、髪の毛の1本1本に人工毛もしくは天然毛を結びつけるパターン。増やす本数はその都度変えることができ、髪の毛の生え際や分け目に使用すると効果的なんだとか!

また、「ピンポイントリターン」というサービスになると、100~200本の人工毛の束をマイクロチップに装着し、自分の髪の毛を束ねたところにチップごと結びつけます。つむじが薄いかたはこちらを使用すれば地肌を一瞬で隠せますし、チップが可動式になっているおかげで、髪の毛が伸びてきても結び目の位置を自力で修正できるんですよ。

そんなアデランスが採用している人工毛は、独自に開発された「バイタルヘア」。本物の髪の毛に引けを取らない光沢を持つばかりでなく、そう簡単には切れないし変色することもないという、優れた耐久力をも兼ね備えています!

増毛を受けるには多額の費用がかかり、その後のメンテナンスも必要に…

さて、アデランスの増毛ピンポイントシリーズには、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

その人の薄毛の症状や、頭皮のどのあたりを増毛したいかという希望次第で料金は違ってくるとのことで、アデランスの公式サイトを見てみても実はあまり多くの情報が載っていないんですね。

ただ、先ほど紹介したピンポイントフィックスの場合は1パッケージが1500本で、お値段は120,000円(税抜)からだということが判明しています!

もちろん薄毛部分の面積が大きければ何パッケージも注文する必要が出てくるため、数十万円の出費も覚悟しなければいけません。それにメンテナンスで追加費用もかかるでしょうから、経済的にかなり余裕がないと手を出しづらそう…。

――増毛は、本気で薄毛を隠蔽したいなら即効性のある対策だと言えますので、まずは無料お試し体験に申し込んでみるのもアリだと思いますよ。

【3】増毛した状態で、育毛剤や発毛剤リアップを併用しても大丈夫?

併用OK!発毛剤リアップの効果が現れたら増毛を途中でやめてもいい!?

ちなみに、増毛サービスを受けたかたがそのままシャンプーで頭を洗うのは問題ないですし、育毛剤や、ミノキシジルが配合された発毛剤リアップシリーズを併用することもOKだと言われています!

増毛は頭皮に手を加えているわけではないため、育毛剤や発毛剤リアップシリーズの成分が浸透する妨げにもならないというわけですね。

つまり増毛によって薄毛を隠しつつ、育毛剤で抜け毛予防もしてあげれば、髪の毛を一定のボリュームでキープすることが可能!

ミノキシジル配合の発毛剤リアップシリーズと併用する場合は、新しい髪の毛が生え始めたタイミングで人工毛をちょっとずつ取り外すようにすれば、「元々こんな髪型でしたよ」と胸を張れるかも!?

最終的には人工毛とさよならし、増毛サロンに通う手間も省けたなら、金銭面でもずっと節約できるのではないでしょうか?薄毛の隠蔽だけで満足してしまわず、育毛剤や発毛剤リアップシリーズも積極的に使用するよう努力した方が、将来的に得できそうですね!

【4】まとめ――くれぐれも増毛を受けるための必須条件をお忘れなく

自分の髪の毛を日頃から大切にしておかないと増毛には取り組めない!

費用がかかるとは言え、増毛なら、薄毛が目立ってしまっている箇所を狙い撃ちで隠すことができます!安全性も高いですし、育毛剤や発毛剤リアップシリーズなどと並行して使える点も魅力的でしょう。

しかし、最後に重要なことを確認させてください…。自分の髪の毛に人工毛を結びつけるというのが増毛のメカニズムなんですから、土台になる髪の毛が自分の頭皮に残っていないと、そもそも増毛サービスは受けられないということに!?

増毛を試すにしろ、試さないにしろ、育毛剤や発毛剤リアップシリーズを使って日常的にAGA対策を進めておくのがいいのではないでしょうか。

【文責・株式会社A4studio】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
挿入されている画像やイラストを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。