発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
ホンネレビュー 2017年4月22日

発毛剤・育毛剤ホンネレビューvol.08【発毛剤・リアップ ジェット編】

「リアップ ジェット」3,800円(税抜)

日本国内で発毛剤と言えば、大正製薬の「リアップ」シリーズですよね。

1999年に販売開始された初代リアップ以外には「リアップ プラス」、「リアップ X5 プラス」という兄弟商品もラインナップされていますが、その中で1つだけいい意味で浮いた存在の発毛剤かもしれないのが今回紹介する「リアップ ジェット」!

他の3つのシリーズ商品は、容器の先端を頭皮にくっつけて薬液を垂らすタイプの発毛剤。一方こちらのリアップ ジェットは、その名前から想像がつくように、薬液を頭皮へジェット噴射するタイプの発毛剤なんですよ。

愛用しているユーザーの感想を聞いてみると、頭皮にジェット噴射ならではの爽快感がもたらされるとのことで、その特徴や使い方が気になるところ…。そうときたらさっそく、発毛剤リアップ ジェットのレビューにいってみましょう!!

【レーダーチャート】

【1】発毛剤リアップ ジェットの特徴は?

他のリアップシリーズ同様、「ミノキシジル」配合

リアップ ジェットを含むリアップシリーズの最大の特徴は、発毛効果を持った医薬品成分「ミノキシジル」が配合されていること!これに尽きます。

ただ、ミノキシジルの配合量は商品ごとに違うという点は見逃せません。リアップ X5 プラスだけがミノキシジル5%配合で、リアップ ジェットと、それ以外の2商品はミノキシジル1%配合なんですね。

ミノキシジルの効果は追って解説しますが、国内でも数多く販売されている「育毛剤」にカテゴリーされている商品にはミノキシジルが一切含まれていないので、リアップ ジェットのように1%配合されているだけでも、充分なアドバンテージと言えるんですよ!

初代リアップには含まれていない3つの成分で差別化!

シリーズの中で唯一ジェット噴射式の発毛剤ということ以外にも、リアップ ジェットには個性があります。

それは、通常の発毛剤リアップには配合されていない「パントテニールエチルエーテル」、「トコフェロール酢酸エステル」、「l-メントール」という3つの成分!

各成分の効果を見ていくと、まずパントテニールエチルエーテルは毛細胞の栄養補給に一役買い、頭皮の健康維持に貢献してくれます。具体的には、かゆみやフケの予防ですね。

お次はトコフェロール酢酸エステルで、これは皮脂の酸化を抑えてくれる成分です。酸化した皮脂は頭皮の毛穴が詰まってしまう原因となり、抜け毛にも関わってくるんですよ。

最後はl-メントール。この成分は“清涼感”の素だと言えるでしょうか。ハッカやミントにも含まれているため、あのスースーした感覚を思い出してみてください!

しかし実を言うと、以上の3つの成分はリアップ ジェットの専売特許というわけではありません…。2008年に発売された発毛剤リアップ プラスに、先行して採用されていたものなんです。100mlあたりの配合量も、全く同じ!

要するに、リアップ プラスをジェット噴射タイプにアレンジし、より爽快な使い心地を目指したのがリアップ ジェットだと捉えていいでしょう!

【2】「発毛剤」と「育毛剤」の区別の方法は?

「発毛剤」と「育毛剤」はどちらが優秀かを考える

お店の薄毛対策コーナーやネットストアには、発毛剤リアップシリーズ以外にも様々な商品が売られていますよね。

ですが、それらの商品は「発毛剤」と「育毛剤」に大別されることをご存知でしたか?

発毛剤の効果は、医薬品成分ミノキシジルの効果により、毛の生えなくなってしまった場所に新しい毛を生やすこと。これに対し育毛剤の効果は、今生えている毛を丈夫にキープすることなんです。

現在は、リアップシリーズが日本唯一の発毛剤という立ち位置。他の商品はもれなく育毛剤にカテゴライズされますし、ミノキシジルの有無というのは、それだけ大きい要素なんですね。

では、発毛剤リアップシリーズと育毛剤に優劣をつけるとしたら…?

もともと生えている毛がこれ以上抜けてしまわないよう育毛剤で対策するのもいいことですが、ミノキシジル配合の発毛剤を使って毛の総量を増やそうと試みる方が、より王道のケアという気がしますよね。

商品を選ぶ際は、こうした育毛剤と発毛剤の違いを念頭に置いておきましょう!

一般的な育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「第一類医薬品」

ここで少し、法律のお話を…。

日本の薬機法(旧薬事法)だと、一般的な多くの育毛剤は「医薬部外品」に分類され、発毛剤リアップシリーズは「第一類医薬品」に分類されます。

ミノキシジルは日本で唯一、医学的根拠に基づいて厚生労働省から発毛効果を認められている成分。それが発毛剤リアップシリーズのステータスになっているとも言えるでしょう。

ただ、元を辿ってみると、ミノキシジルは発毛剤という用途ありきで開発された成分ではありませんでした。当初は血管拡張薬に使われていたそうです。

というのも、ミノキシジルが頭皮の血管に作用すると、血液が髪の毛に栄養を運ぶときの通り道を広げてくれる効果が期待できるとのこと。この血管拡張はミノキシジルが発毛を促す際の効果の一部とされていますが、メリットには違いないでしょう。また、ミノキシジルには毛母細胞を刺激し、発毛を促してくれるという効果も期待できるそうです。

他のメーカーも大正製薬を見習って、ミノキシジルを自社商品に配合して売り出せばいいのに…という話になってきそうですが、日本の認可基準は結構シビア。そういうわけで日本では昔からずっと、「発毛剤」というカテゴリーにおいてリアップシリーズの独擅場が続いているんですよ。

【3】発毛剤リアップ ジェットの使い方は?

続いては発毛剤リアップ ジェットの使い方をチェックします!

いくら発毛剤リアップ ジェットが評判のいい商品であっても、その効果をフルに引き出せるかどうかは、ユーザーである自分次第なんですね。

いったい、どんな使い方をするのがベストなのでしょうか?前もって知識を蓄えておきますよ!

1.発毛剤リアップ ジェットの使用準備として洗髪&ドライヤー

発毛剤リアップ ジェットは1日2回、なるべく時間を置いて使いましょう!

例えば朝に1回使って、昼にもすぐ使う…というのではなく、2回目は夜まで待ってから使った方が、発毛剤リアップ ジェットの効果を得やすくなるんです。

また、発毛剤リアップ ジェットの使用前に頭皮をキレイにしておくのも大切なこと。髪をシャンプーで洗ったら、すすぎ残しがないよう最後までしっかりと流し、その後はドライヤーで水分を吹き飛ばしてくださいね。

頭皮を濡れっぱなしにしていると雑菌が増殖しやすくなってしまいますから、タオルドライではなく、きちんとドライヤーで乾かすのがおすすめです。

2.発毛剤リアップ ジェットの薬液噴射前に頭皮マッサージ

「早くリアップ ジェットを使いたい!」とうずうずしてしまう気持ちもわかりますが、その前に頭皮をマッサージしておきましょう。

なぜかと言うと、指の腹で頭皮をやさしく揉みこんであげれば血行がよくなり、発毛剤リアップ ジェットの薬液が浸透しやすくなるんですね。このとき、爪を立てるなどして頭皮に無理な力を加えるのはやめてください!

補足すると、他の育毛剤はマッサージを後に回し、先に薬液を頭皮に塗るという使い方のものも多いですが、あくまでも発毛剤リアップ ジェットは使用前にマッサージするのがおすすめです。

3.発毛剤リアップ ジェットの薬液を頭皮に15回噴射

お待たせしました、いよいよ発毛剤リアップ ジェットを手に取りましょう!

容器のキャップを外すと小さな窓があり、そこには赤い目印が見えるはずです。この赤色は薬液が出ないようにロックされているというサインなので、先端の噴射部を時計方向にカチッと鳴るまで回しましょう。

窓を見て赤い目印が消えていたらロック解除成功!

容器を引っ繰り返し、頭皮の髪が薄い箇所に噴射部を押したり離したり…という動作を15回行ってください。

発毛剤リアップ ジェットは、1回の使用で15噴射しかできない設計になっており、回数に達するとオートロックがかかります。親切設計ですね!

そのときには赤い目印が復活していますので、キャップをはめたら1回分は終了です!

【4】まとめ――リアップ ジェットって結局どうなの?

発毛剤リアップ ジェットは安全性

発毛剤リアップ ジェットの使い方は、そんなに難しいものではありませんでしたよね!

だからこそ、決められた事項の1つ1つをしっかり守る必要があると言えます。中でも“1日2回”、“1回15噴射”という使用回数は特に徹底したいところ。

リアップ ジェットに限らずですが、発毛剤や育毛剤はいっぺんにたくさん使えば使うほど効果が高まるわけではないですし、ミノキシジルを配合している発毛剤リアップシリーズの場合は、むしろ副作用の危険を高めてしまう行為にもなりかねません!

発毛成分ミノキシジルは高血圧の治療薬でもあるため、低血圧の人が使うのには好ましくない部分があるそうなんです。肌が強くない人にとっては、発疹やかゆみを引き起こしてしまう恐れも…。

大正製薬が定める“使用上の注意”に従っていても身体に異変が生じてしまったときは、思い切って使用をストップし、医師や薬剤師のかたに相談してくださいね!

発毛剤リアップ ジェットのコスパは高い

発毛成分ミノキシジル1%のみならず、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールという3つの嬉しい成分も含まれている発毛剤リアップ ジェット。

ジェット噴射による頭皮への爽快感は「まさにこの瞬間、有効成分がじわじわと効いているのかも!」というモチベーションにもつながりそうですよね。

さて、発毛剤リアップ ジェットの注目のお値段は、1本100mlで3,800円(税抜)です!

シリーズ内で比べてみると、同じくミノキシジルを1%配合している初代リアップは1本60mlが5,500円(税抜)で、リアップ ジェットと成分が共通しているリアップ プラスは1本60mlで5,239円(税抜)。

ミノキシジルを5%配合しているリアップ X5 プラスに至っては1本60mlで7,048円(税抜)まで値上がりしますから、リアップ ジェットはシリーズの中で最安かつ大容量の発毛剤だということに!?

ただ、発毛剤リアップ ジェットの内容量100mlのうち薬液は67mlに過ぎず、残りは噴射剤33mlで構成されているという事実が…。

それにしてもコスパのよさは変わらないですし、薬液も、1本で約1ヶ月使い続けられるだけの量が入っているんですけどね。

しかし発毛剤リアップシリーズの効果は1ヶ月使ったくらいでは現れず、最低でも6ヶ月(発毛剤リアップ X5 プラスは4ヶ月)、毎日使ってこその商品だと言われています。

「発毛剤を継続して使う覚悟はできている…でも今は正直、財布に余裕が…」とためらってしまっている人も、発毛剤リアップ ジェットだったら比較的お求めやすいでしょう。

自分の頭皮とミノキシジルの相性を確かめるのにも役立ちそうですし、問題がないようであれば、ミノキシジル5%配合の発毛剤リアップ X5 プラスなどに途中から切り替えるのも手かもしれませんよ!

【文責・株式会社A4studio/監修・新垣形成外科院長 新垣実】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
そのうえで、監修医師による医学的見地、薬機法的見地の事実誤認がないかの確認を得ております。
本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。