発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
ホンネレビュー 2017年4月22日

発毛剤・育毛剤ホンネレビューvol.15【育毛剤・イクオス(IQOS)編】

「イクオス(IQOS)」単品購入8,980円、定期購入5,980円(全て税抜)

「イクオス(IQOS)」は株式会社キーリーが販売している育毛剤。他メーカーの商品ですが育毛剤ブブカにも配合されている「M-034」を配合している商品です!

そのため人気育毛剤であるブブカと比較されることもしばしば…。

ですが!リニューアルを経て、さらなる進化を遂げた育毛剤イクオスのユーザー評価はよく、育毛サプリメントであるイクオスサプリEXの評判も悪くないようです。

そんな育毛サプリメントと育毛剤イクオスをセットにした「育毛剤イクオス+イクオスサプリEX定期コース」は、定期購入で6,980円(税抜)というリーズナブルさでも注目を集めているんですよ。

ということで、今回は育毛剤イクオスの特徴や使い方などを踏まえて、徹底レビューしていきましょう!

【レーダーチャート】

【1】育毛剤イクオスの特徴は?

注目すべきは独自配合の成分「アルガス-2」!

育毛剤イクオスの最大の特徴である成分は「アルガス2(Algas-2)」というもの。

実はこれ、イクオスが独自に配合したスカルプケア成分!M-034をはじめとした3つの海藻成分を独自配合したものなんです。

まず1つ目はブブカにも配合されている、先述したM-034。発毛促進効果があるとされる天然の海藻由来成分なんですが、その正体は北海道ミツイシコンブ由来エキスなんですね。ちなみにM-034にはヒアルロン酸も含まれているんですよ。

そして2つ目が「ぺルベチアカナリクラタエキス」。これは厳しい環境下で育った強い生命力を持つ海藻類のエキスで、育毛剤だけでなく化粧品などにも使われているものです。

最後の3つ目が「スサビノリエキス」。有明海岸で採れるスサビノリから抽出された成分で、このエキスに含まれる海藻多糖類成分「プルフィラン」がヒアルロン酸と同等以上の吸保水力があると言われています。

海藻類はミネラルをたっぷり含み、髪の毛にプラスの効果をもたらしてくれるのはもちろん、天然成分なので副作用のデメリットが極めて少ないんですよね。

また、頭皮は普段から保湿しておかなければ乾燥してかゆみやフケが出てくるものですが、ヒアルロン酸や同等以上の効果があるとされる成分が入っているため、頭皮を潤し髪の毛が元気に育つ土台作りにも一役買う――それが育毛剤イクオスというわけです!

7つの育毛メソッドなどアピールポイント多し

育毛剤イクオスは、ブロック、阻害、天然成分、毛根をイキイキ、アミノ酸配合、エイジングケア、浸透力という7つの育毛メソッドを掲げています。

髪の毛は“成長期→退行期→休止期”という3つのサイクルを繰り返すメカニズムになっているのですが、薄毛に悩まされているかたはこの周期が早くなり、結果として髪の毛が抜け落ちてしまいます。

このサイクルを早める原因となるのが「脱毛酵素5aリダクターゼ」という物質で、これが男性ホルモンと結合すると、「DHT」という脱毛の一因となるホルモンに変わってしまうんだとか。DHTはその後、アンドロゲンレセプターと結合すると「TGF-β」に変わり、簡単に言うと“脱毛指令”のようなものを出し始めるんです。

育毛剤イクオスはその“指令”を阻害する成分、そして脱毛酵素5aリダクターゼをブロックする成分をたくさん配合しているそうです。

そして、さらに注目したいのが、育毛剤イクオスは低分子ナノ水を使用しているということ!

「ナノ」とは平易な言い回しをするなら“物体をものすごく小さくする技術”で、低分子ナノ水は頭皮の脂質や皮脂に阻まれることなく、直接、毛根にまで成分を浸透させることができるというのをウリにしています。

そもそも成分がしっかり毛根に届かなければ効果は期待できませんから、低分子ナノ水による高い浸透力があるというのは、それだけで大きなメリットと言えるのかも。

一方で、育毛剤イクオスは、あえて高分子ヒアルロン酸ナトリウムも配合しているんです。「低分子と真逆の高分子?」と思われるかもしれませんが、高分子の成分が頭皮の表面をコーティングし、アレルギー物質や乾燥を防いでくれるようになるとのこと!

イクオスはこのように、たくさんのアピールポイントを持った育毛剤なんですね。

【2】「育毛剤」と「発毛剤」の違いとは?

毛を生やしたいなら“育毛剤 < 発毛剤”

ここで一旦、スカルプケア商品全般を俯瞰で考えて検証してみましょう。

イクオスは「育毛剤」というカテゴリーですが、「発毛剤」というカテゴリーがあることをご存知のかたも少なくないでしょう。

では「育毛剤」と「発毛剤」とは、どういった違いがあるのでしょうか?

まず、字の違いを見てみれば、一目瞭然かもしれないですね。

育毛剤は“毛を育てる効果”が期待できるもの、発毛剤は“毛を生やす効果”が期待できるもの。

育毛剤は今生えている毛が抜けるのを予防したり、地肌の血行をよくしたりという効果が期待できますが…、

残念ながら育毛剤には、毛が生えなくなった頭皮に再び生やす効果は期待できないのです!!

ですから、「今ある毛を育てるのもいいけど、やっぱり生えなくなった部分にもう一度毛を生やしたいんだ!」…と希望しているならば、

【育毛剤<発毛剤】

と考えておいた方がいいでしょう。

ちなみに、「育毛剤」や「発毛剤」の他にも「発毛促進剤」や「養毛剤」といった呼称もありますが、これらは大きなくくりで言うならば「育毛剤」カテゴリーに入ります。

「発毛促進剤」と名乗っているものは「発毛剤」と混同してしまうかもしれませんが、決して「発毛剤」ではないんです。別物なんです。

「育毛剤」カテゴリーの商品は今回フィーチャーしているイクオスの他にも、多種多様な商品が販売されています。が、実は「発毛剤」カテゴリーの商品は、日本国内では発毛効果があるミノキシジルを配合した大正製薬の「リアップ」シリーズだけなんですよ。

一般的な育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「第一類医薬品」

イクオスも含まれる一般的な育毛剤は薬機法的なジャンル分けでいうと「医薬部外品」に分類されており、発毛剤であるリアップは分類でいうと「第一類医薬品」になります。

リアップには厚生労働省から発毛効果が認可されているミノキシジルが配合されているため「第一類薬品」になっているんです。ですから“発毛効果”という観点で考えるならば、育毛剤イクオスや育毛剤ブブカに配合されているM-034よりもミノキシジルの方がキーポイントになる、と。

こんなことを言うと、「ミノキシジルが優れている成分なら他の商品にもどんどん配合すればいいのに」「イクオスでもミノキシジルを配合して『発毛剤』を名乗ればいいのに」と思ってしまう人もいそうですよね。しかし、現実問題としてミノキシジルを配合して商品を販売しようとしてもハードルが高いためなかなか国の認可が下りず、リアップのように「発毛剤」を名乗れないというのが現状のようです。

もちろん“発毛”ではなく“育毛”という観点ではイクオスにも効果が期待できますので、“今ある毛をしっかり育てていきたい派”のかたにはイクオスもおすすめですよ。

【3】育毛剤イクオスの使い方は?

育毛剤イクオスを購入したときのために、今のうちからきちんとした使い方を予習しておきましょう!

1.育毛剤イクオスを使う前に洗髪&ドライヤー

育毛剤イクオスを使用する前には、洗髪しておくのがおすすめ!

頭皮の汚れがイクオスを吸収してしまうと本来の効果が薄くなる可能性があるため、事前にシャンプーしておくべきなんですね。イクオスは朝晩2回の使用を推奨されていますから、朝は朝シャン後、夜は入浴後と考えるといいでしょう。

もちろん髪が濡れたままだと湿気が菌の繁殖を手助けしてしまいますので、シャンプー後は自然乾燥ではなく、ドライヤーをあててしっかりと髪を乾かしてください。

2. 育毛剤イクオスを塗布して地肌に馴染ませ1~2分放置

イクオスはスプレータイプの育毛剤で、1回の使用量の目安は20プッシュ分である2ml!

ですが、一気に20プッシュしてしまうと液ダレしてしまう可能性があるので、数回プッシュしてから頭皮になじませることを繰り返すといいでしょう。

この際、頭皮“全体”に適量を塗りつけるというのがポイントです。

そして、塗布した後は、優しくエキスを地肌に馴染ませ、そのまま1~2分ほど放置しておいてください。

3.放置後、仕上げに指の腹で優しくマッサージ

頭皮全体に育毛剤イクオスのエキスを馴染ませ、1~2分ほど放置したら手でマッサージ!

爪を立ててガシガシこすってしまうと頭皮に不要なダメージを与えてしまうので、指の腹で優しく揉んであげてくださいね。

また、同梱されている「育毛ケアガイド」を参考にしてマッサージを行うとより効果的です。育毛剤イクオスの最大限の効果を期待するのであれば、こちらも熟読してぜひ実践してみてくださいね。

【4】まとめ――育毛剤イクオスは購入の価値、ある?

育毛剤イクオスのコスパは?

育毛剤イクオスの購入を検討するうえで、やはり気になるのは値段ですよね。

公式サイトでは単品購入8,980円(税抜)、定期購入5,980円(税抜)という値段設定。

冒頭でも紹介しましたが、一番リーズナブルとなるのが「育毛剤イクオス+イクオスサプリEX定期コース」6,980円(税抜)です。育毛剤イクオス本体と育毛サプリメントがセットになっていますし、定期コースと言っても1度で解約できるとのことなのでお試しもしやすいかも。

余談ですが、イクオスサプリEXは、一般的な育毛サプリメントの中でも配合成分数の多さ、また配合成分量などが非常に高いとのことで、注目を集めているんですよ。

育毛剤は高いものだと1万円を超えたりしますが、育毛剤イクオスは育毛サプリメントとセットの定期コースでも6,980円(税抜)ですから、非常にコストパフォーマンスはいいかもしれないですね!

天然成分を多く使っているため副作用の危険性も比較的少なそうですので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

【文責・株式会社A4studio/監修・新垣形成外科院長 新垣実】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
そのうえで、監修医師による医学的見地、薬機法的見地の事実誤認がないかの確認を得ております。
本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。