発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
ホンネレビュー 2017年3月13日

発毛剤・育毛剤ホンネレビューvol.05【育毛剤・カロヤン プログレEX編】

カロヤン プログレEX(OILY/DRY)4,000円(税抜)

「カロヤン プログレEX」は、第一三共ヘルスケア株式会社が開発し、販売している「カロヤン プログレ」シリーズの1つ!

特にカロヤン プログレEXは脂性肌(オイリー)タイプと、乾燥肌(ドライ)タイプの2種類に分かれており、自身の肌質に合ったものを選べるのが嬉しいポイント。他の育毛剤などでは肌質によってタイプ分けしているものは少ないですから、使用者の頭皮の質によって選べるというのはメリットですし、その点では高評価ですね。

またカロヤン プログレEXは、1本で発毛促進とスカルプケアの両方ができるという優れもののようです!…が、実際に効果が期待できる育毛剤なのでしょうか?

そこで、今回は育毛剤カロヤン プログレEXの特徴や使いかたなどを踏まえて、徹底レビューしていきます!!

【レーダーチャート】

【1】育毛剤カロヤン プログレEXの特徴を知ろう!

ポイントとなる成分は2つ!

育毛剤カロヤン プログレEXを始めとした、カロヤン プログレシリーズにはいくつかラインナップがあり、それぞれで効果が若干違います。

ですが、有効成分は共通していて、

・カルプロニウム塩化物(医療成分)

・チクセツニンジンチンキ(生薬)

この2つの有効成分がカロヤン プログレシリーズが推している主要成分となっていますね。

特にカルプロニウム塩化物という有効成分が医薬品扱いであるため、カロヤン プログレシリーズは第3類医薬品に区分されているんです。

さて、それではまずカルプロニウム塩化物がもたらす効能をご説明しましょう。

カルプロニウム塩化物には毛細血管を拡張し血行を促進する作用があります。元々はフロジン液などの円形脱毛症に使われていた成分を育毛剤に流用したものなのですが、日本皮膚科学会が発表しているガイドラインを見てみると、カルプロニウム塩化物を使用した薄毛治療は推奨度がC1となっています。

このC1というのは、あまり大きな効果が期待できず、人によっては効果があるといった程度のようです。

ちなみに、日本皮膚科学会のガイドラインで推奨度Aとなっているのが、大正製薬が販売している発毛剤「リアップ」シリーズの配合成分でおなじみの「ミノキシジル」。

このミノキシジルについてはまた後程ご説明します!

ということで、次に「チクセツニンジンチンキ」がもたらす効能などをご説明しましょう。

この「チクセツニンジンチンキ」という成分は名前の通り竹節人参から採れる成分で、高麗人参などの仲間ですが、高麗人参とは効能が全く違います。

高麗人参の効能は新陳代謝を盛んにし、血行を促進する作用があるのですが、竹節人参は鎮静や解熱作用、そして胃痛に効くとされています。また、ここが肝心な部分ですが、毛乳頭細胞を刺激し発毛を促進するとされています!

他にも育毛剤カロヤン プログレEXには「カチュウチンキ」、「ヒノキチオール」、「パントテニールエチルエーテル」、「メントール」、「ピリドキシン塩酸塩」(「OILY」のみ)、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」(「DRY」のみ)などの成分が入っていますね。

これらによって頭皮の皮脂分泌を抑制する効果、炎症を抑える効果、湿疹などを鎮める効果、保湿性を高める効果などが期待できるようです。そして、それらの効果によって血行促進し、毛乳頭細胞を刺激して発毛を促進するというのがカロヤン プログレEXというわけですね。

“悪い意味”で気になる成分も配合…

カロヤン プログレEXには、合成着色料である「黄色5号」も少量ながら含まれていることは覚えておきたいところ。

黄色5号は口から摂取すると染色体異常やアレルギー症状などの副作用が起こる可能性があるそうで、まず口から摂取することはないでしょうが、やはりあまり良いイメージではないですよね。

カロヤン プログレEXは液体の色が茶色っぽくなっています。おそらくは透明の液体だと1回の使用料が計りにくいため、あえて着色されているのでは…と推察できますが、添加物を配合しているという事実はきちんと頭の片隅に入れておきたいですね。

【2】育毛剤と発毛剤の違いを学ぼう!

ざっくり言うと…育毛剤<発毛剤

一旦ここではカロヤン プログレEXが該当する育毛剤と、リアップが該当する発毛剤の違いを明確にしておきましょう。

他にも細かく分けると発毛促進剤や養毛剤といったくくりもありますが、ここではスカルプケア業界でよく大別される育毛剤と発毛剤の違いをハッキリさせておくとわかりやすいですね。

まず、字の違いを見てみれば、その違いは明らか。

育毛剤は“毛を育てる効果”があるもの、発毛剤は“毛を生やす効果”があるもの、です。

育毛剤は今ある毛を育てるという効果が期待できるのに対し、発毛剤は毛が生えなくなったところに再び生やす効果が期待できるというわけですね。

つまり、育毛剤は今生えている毛が抜けるのを予防したり、地肌の血行をよくしたりという効果が期待できますが、

残念ながら育毛剤で毛を生やすという効果は期待できません!!

もちろん単純比較ができるものでもありませんが、ざっくりとしたイメージとしては、

【育毛剤<発毛剤】

と考えていいかもしれませんね。

ちなみに、現在、日本で一般的に販売されている発毛剤は、リアップシリーズだけなんですよ。

一般的な育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「第一類医薬品」

さて次は法律的な話もしておきましょう。

旧薬事法(現在は「薬機法」)で言うと、一般的な育毛剤は「医薬部外品」に分類されており、カロヤン プログレEXは「第三類医薬品」に分類されており、リアップは「第一類医薬品」に分類されています。

リアップは厚生労働省から発毛効果が認可されているミノキシジルが配合されているため、第一類医薬品なんですね。

そして、カロヤン プログレEXは第三類医薬品に分類されていますが、あくまでも育毛剤なので発毛効果を謳うことは認められていません。

ミノキシジルには発毛効果や脱毛症の回復効果が正式に認められているのですが、それはミノキシジルに頭皮の血管を拡張し、さらに毛母細胞を直接刺激して発毛を促進してくれる効果が認められているため。

実はカロヤン プログレEXに含まれているカルプロニウム塩化物にも、頭皮の血管を拡張して発毛を促進する効果があるのですが、ミノキシジルと比べるとその効き目はかなり薄いようです。

同じように毛細血管を拡張し、血行を促進する作用があるものの、カロヤン プログレEXはあくまでも育毛剤であり、“発毛剤”と名乗れていないのは、このあたりの効果の差が理由なのかもしれません。

【3】育毛剤カロヤン プログレEXの使いかたを覚えよう!

せっかく購入したカロヤン プログレEX、間違った使いかたをしないように、ここでは予習の意味も込めて順を追って使用方法の説明をさせていただいます。

1.育毛剤カロヤン プログレEXを使う前にシャンプー

育毛剤カロヤン プログレEXは朝と夕、1日2回に分けて使うことがおすすめされています!

まず実際に育毛剤カロヤン プログレEXを塗布する前に軽く頭皮マッサージをし、シャンプー、コンディショナーの順番に使うのがベター。シャンプーやコンディショナーを洗い流す際も、お湯で頭皮を軽くマッサージしておくといいそうです。

その後、自然乾燥ですと頭皮に余計な菌が繁殖する余地を与えてしまうので、ドライヤーを利用して髪をささっと乾かしてあげるといいでしょう!

2.育毛剤カロヤン プログレEXを塗布し、頭皮にすり込む

カロヤン プログレEXはスプレータイプではなくノズルタイプの育毛剤なので、髪の毛を掻き分ける手間などはいらず、そのまま頭皮に塗りつけることができます。

塗布する際、まずはノズルの先端を頭皮につけて軽く押しましょう。するとカチッとロックされたような音がします。その後にノズルの先端で頭皮をトントンと押していくと少量ずつ育毛剤が出てくるという仕組みです。

あまりにも勢いよく頭皮に押しつけると、液垂れの原因となるので注意!

1回分の使用量である2mlを守るようにしましょう。

そして育毛剤カロヤン プログレEXは、頭皮“全体”に適量を塗りつけるというのが大事なポイント!

M字型やO字型など、薄毛のタイプは人によって違いますし、効果が現れてほしい部分にだけ塗るようにした方が節約になりそうですが、それでは効果が半減しちゃうみたいです。

3.育毛剤カロヤン プログレEX塗布後に指の腹でマッサージ

頭皮全体に育毛剤カロヤン プログレEXを塗りつけたら、薬液が頭皮になじむよう手でマッサージ!今度は本格的に行いましょう!

爪を立ててガシガシこすると頭皮に不要なダメージを与えてしまうため、指の腹で優しく揉んでください。

ちなみにピンポイントで塗るのではなく頭皮全体に塗りつけることが推奨されているのは、マッサージによって育毛剤カロヤン プログレEXの成分を頭皮全体に浸透させることが、広い意味で抜け毛予防につながるため。

本気で薄毛症状を治したいのなら、髪の毛を育てるのみならず、抜け毛対策も並行しなければいけませんからね。

【4】カロヤン プログレEXを検討してみよう!

育毛剤カロヤン プログレEXのコスパは?

育毛剤カロヤン プログレEXの購入を検討するうえで、どうしても気になるのが値段でしょう。

公式サイトでは現在、1本4,000円(税抜)という価格になっています。

育毛剤で高いものは1万円を超える商品もありますので、それなりにコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。

ただしコスパは良くても、効果が推奨度Aである発毛剤リアップよりも期待できないことを考えると…購入は充分に検討した方がよさそうですね。

効果の期待値と価格をふまえて検討!

育毛剤カロヤン プログレEXのレビュー、いかがでしたでしょうか?

育毛剤カロヤン プログレEXに含まれている成分の効果は推奨度C1とは言え、ある程度の期待はできそうですし、コスパは良いかもしれません。

ミノキシジル配合の発毛剤リアップは育毛剤カロヤン プログレEXと比べ、効果の期待値が高いですが、その分、価格が割高になっています。

育毛剤や発毛剤は1ヶ月や2ヶ月で効果がハッキリ現れるものではなく、半年以上、継続して使用していくことで効果が表れて来るというものがほとんどですので、長期的に使い続けることを考えると、発毛剤リアップシリーズよりも育毛剤カロヤン プログレEXの方がお財布に優しいですよね。

ご自身が望む効果や懐事情と相談のうえ、購入を検討してみてください!

【文責・株式会社A4studio/監修・新垣形成外科院長 新垣実】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
そのうえで、監修医師による医学的見地、薬機法的見地の事実誤認がないかの確認を得ております。
本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。