発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!
AGAの真実 2017年6月14日

薄毛専門医にインタビュー!意外と知らないAGAの真実vol.1 ≪「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」「発毛促進剤」の違いを教えて!≫

AGA(男性型脱毛症)に悩み始めたかたは、何らかのスカルプケア商品を使って対策しなくては…と、焦りを感じてしまうものですよね。

しかし薬局やインターネットショップをのぞいてみれば、「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」「発毛促進剤」…と、似たようなカテゴリーの商品が多種多様にラインナップされています。

カテゴリーや商品ごとにどんな効果があり、自分の症状だったらどの商品を使えばいいのか…と、混乱してしまったまま先に進めないでいるかたも多いのではないでしょうか?

そこで「発毛アンサー」では、本サイトの医師監修記事でもおなじみの、新垣形成外科(沖縄県宜野湾市)の院長を務める新垣実先生にインタビューをお願いしました。

第1回目となる今回は、発毛剤・育毛剤・養毛剤・発毛促進剤の違いについて解説してもらいます!

【1】大正製薬の「リアップ」シリーズがある発毛剤とは?

発毛成分「ミノキシジル」で新規の髪の毛を生やしてくれるのが発毛剤!

――新垣先生、どうぞよろしくお願いします!早速なのですが、まず発毛剤について教えてください。日本では現在、大正製薬が販売している「リアップ」シリーズだけが発毛剤と呼ばれているんですよね?発毛剤にはどのような効果があるのでしょうか。

新垣先生「発毛剤にカテゴリーされているリアップシリーズには、『ミノキシジル』という発毛成分が配合されています。ミノキシジルの具体的な発毛メカニズムにつきましては次回のインタビューで詳しくお話しますが、端的に言うと、発毛剤は髪の毛を新しく生やすことができるんですね。

ただ、いかにミノキシジルの配合された発毛剤であっても、ツルツルの頭皮に髪の毛を生やすことはできません…。あくまでも、頭皮に毛穴が残っていることが発毛剤を使う条件になってきます」

リアップシリーズのような発毛剤も、毛穴が残っていなければ効果ナシ!?

――私たちの毛穴の数は生まれたときから決まっていて、今の数よりも増えることはないそうですが、減ってしまう可能性はあるということですか?

新垣先生「大前提として、私たちの髪の毛は、毛穴の中にある『毛母細胞』という組織で作られます。髪の毛は“成長期・退行期・休止期”というサイクルを繰り返しており、成長期に伸びて退行期に抜け、休止期には生えてこないのですが、休止期に入ったとしても毛母細胞そのものは生きているんですね。

ところが、毛母細胞の元気がなくなって完全に死んでしまうと、毛穴自体もだんだん消えていってしまうのです…。植物に例えると、地中に種が埋まっていたら、そこに養分を与えれば芽が出てくるでしょう。しかし、何もないところには養分を与えても芽は出てきませんよね。毛穴がないというのは、地中に植物の種がない状態ということなんです。毛穴がないところに髪の毛を生やす方法は、現時点ですと植毛しかありません」

――なるほど…ミノキシジルの含まれている発毛剤リアップシリーズを使い始めるなら、早めの方がよさそうですね。

【2】育毛剤、養毛剤、発毛促進剤、実は全て同じカテゴリー

育毛剤は抜け毛予防や、髪の毛を太く強くしてボリュームアップに役立つ

――発毛剤の次は、育毛剤についてお教えいただけますでしょうか。育毛剤にはミノキシジルのような決定的な成分が含まれておらず、どの商品も採用している成分がバラバラという印象なのですが、リアップシリーズのような発毛剤とは役割が違うのですか?

新垣先生「はい。育毛剤はミノキシジルが配合されている発毛剤とは異なり、髪の毛の生えていないところにイチから新しく生やすことはできません。その代わりに育毛剤は、元から生えている髪の毛を太くしたり、コシを出したりする効果を持っています」

――今残っている髪の毛がこれ以上は抜けてしまわないよう丈夫にしたり、髪の毛にボリュームを出して薄毛を隠したりするのが目的であれば、発毛剤ではなく育毛剤を使うのも有効なのですね。

薄毛対策商品は「発毛剤」か「育毛剤」の2カテゴリーに大別可能

――字面通り、発毛剤は“毛を生やす”もの、育毛剤は“毛を育てる”ものだということがわかりました。では、養毛剤と発毛促進剤についてはどうでしょう?

新垣先生「実を言うと、育毛剤も養毛剤も発毛促進剤も、各メーカーが勝手にそう名付けているだけで、全て同じカテゴリーのものだと考えていいでしょう。育毛剤、養毛剤、発毛促進剤といった医学用語があるわけではないのです」

――“発毛”促進剤と名乗ると発毛剤同様に“毛を生やす”効果があるのかと考えてしまいそうですが、そうではないということですね。となると、いずれにしても新しい髪の毛を生やすことはできない…という意味においては、養毛剤も発毛促進剤も「育毛剤」とひとまとめに捉えてしまって差し支えないのでしょうか。

新垣先生「そうですね。髪の毛を新たに生やすための『発毛剤』か、今ある髪の毛を育てるための『育毛剤』か。この2つのカテゴリーに大きく分けられます」

【3】「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違いとは?

薬機法(旧薬事法)で発毛剤リアップシリーズは「第一類医薬品」

――発毛剤や育毛剤といった区分とはまた別に、スカルプケア商品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」といった分けかたをされていますが、これは何を基準にしているのですか?

新垣先生「日本には薬機法(旧薬事法)という法律がありまして、これに則るとスカルプケア商品は医薬品・医薬部外品・化粧品のどれかに分類されるのです。例えばミノキシジルは医薬成分ですから、ミノキシジルの含まれた発毛剤のリアップシリーズは『第一類医薬品』というカテゴリーに当てはまります。

しかし、今でこそ発毛剤リアップシリーズは一部のインターネットショップで通販が解禁されていますが、医薬品は本来、薬局で薬剤師の免許を持った人しか販売することができません。

ですから、ミノキシジルを含まない育毛剤や養毛剤、発毛促進剤を開発している各メーカーは、医薬品としてではなく、医薬部外品や化粧品として商品化することが多いんですね。医薬部外品でしたら薬剤師のいない薬局でも売ることができますし、化粧品でしたらデパートなどでも販売できます。もちろんインターネットショップでも販売可能です」

――つまり各メーカーはその分だけマーケットを広げられる、と。発毛剤リアップシリーズのようにミノキシジルの“発毛効果”では勝負できなくても、販売網の多さで勝負しようという意図があるのかもしれないですね。

医薬品である発毛剤リアップは、医薬部外品や化粧品に安全面で劣る!?

――とは言え「髪の毛を生やしたい」と願っているかたは医薬品、医薬部外品、化粧品の違いを意識せず、迷わずに発毛剤リアップシリーズを選ぼうとするのでは?

新垣先生「ここで1つ注意しなければいけないのは、発毛剤であるリアップシリーズは医薬品である以上、副作用という宿命を抱えていることです。これに関しては次回のインタビューでもう一度触れますが、実はリアップシリーズはミノキシジルによる発毛効果が期待できる反面、使用すると血圧が下がってしまう恐れもあります」

――なるほど、少なからず副作用の懸念があるわけですね。ミノキシジルの副作用に不安を覚えてしまうかたが、医薬部外品や化粧品である育毛剤に流れるということも想定されます。

新垣先生「結局のところ医薬部外品や化粧品は、髪の毛や頭皮にもたらされるプラスの効果より、安全性の高さを重視しているのだと考えられるでしょう。

医薬部外品の場合、医薬品に比べて絶対に安心だとは言い切れないにせよ、医薬品ほど大きな副作用がないことは確かです。そして、これら3カテゴリーの中で効果は最も薄いけれども副作用のリスクはない…というのが化粧品ですね」

――各メーカーは効果と安全のバランスを見極めながら商品を開発し、どれを購入するかは各ユーザーのスタンスにゆだねている、ということでしょうか。しかしAGA対策という観点では、やはりミノキシジル配合の発毛剤リアップシリーズを使わないと、根本的なアプローチはできない気がします。リアップシリーズの信頼度はいかほどでしょうか?

新垣先生「開発した商品を医薬品として販売するうえでは、最初に申請するときだけでなく、販売を始めた後も副作用の症例を継続的に調査し続けなければいけません。リアップシリーズもそのような、ある種の“足かせ”をはめられながら開発と販売が行われているのです。

ですが今のところリアップシリーズは、効果面で他の育毛剤と完全に差をつけつつ、AGAで悩んでいる人々の囲い込みに成功しています。大正製薬の狙いは、上手くいっていると言えるでしょう」

――発毛剤リアップシリーズが1999年の発売以来、“日本唯一の発毛剤”としての地位を着実に築いてきたことに間違いはなさそうですね。発毛成分ミノキシジルの効果や副作用については、次回以降、さらに掘り下げてお話を伺いましょう。

今回は貴重なお話をありがとうございました!

【4】まとめ――“生やす”と“育てる”、みなさんの希望は?

最初にAGA対策の方針を決め、自分に合ったスカルプケア商品を選ぼう

発毛剤、育毛剤、養毛剤、発毛促進剤のうち、“髪の毛を生やす”という効果を持っているのは、発毛成分ミノキシジルが配合されたる発毛剤のみということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

残りの育毛剤、養毛剤、発毛促進剤は1つの同じグループにまとめられ、ミノキシジルのような発毛効果を持っていない代わりに、現在生えている髪の毛を強く育てる効果が期待できるわけですね。

自分は髪を生やしたいのか?それとも育てたいのか?その目的さえハッキリすれば、どのカテゴリーのスカルプケア商品をセレクトすべきかが自然と見えてくるでしょう。

(医)新美会 新垣形成外科
新垣実院長
〒901-2227沖縄県宜野湾市字宇地泊729
http://www.arakakikeisei.com

【文責・株式会社A4studio/監修・新垣形成外科院長 新垣実】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
そのうえで、監修医師による医学的見地、薬機法的見地の事実誤認がないかの確認を得ております。
挿入されている画像やイラストを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。