発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!

【薄毛男性100人に聞きました!】Vol.4 ≪あなたはスカルプケアシャンプーやリンスを使用したことがありますか?≫

「最近、薄毛が気になり始めた…」

「このまま放っておいたら余計にひどくなっちゃいそうだし、何か手を打たなきゃ…」

そんな不安を抱えていても、いきなり「育毛剤」や「発毛剤」を購入するのは、少し大げさに感じてしまうかたもいるのではないでしょうか?

まずは頭皮にいいシャンプーやリンスを買ってみて、手軽なところからスカルプケアを始めてみるのもよさそうですよね。

今回は薄毛に悩んでいる30代、40代、50代の男性100人を対象に、「発毛アンサー」が独自のアンケートを実施!薄毛に悩んでいる人々はスカルプケアシャンプーやリンスを使ったことがあるのかどうか、調査してみました!

【1】アンケート結果発表!スカルプケアシャンプーやリンス使用経験者は23%だけ!


≪調査期間2017年3月24日~3月28日≫

使用開始年齢や平均使用年月も同時分析しました!

早速アンケート結果を発表すると、スカルプケアシャンプーやリンスを使用したことがある人は、全体の23%でした。割と少数派なんですね…!

一見、スカルプケアシャンプーやリンスの方が育毛剤や発毛剤よりも取っつきやすそうなのに、これは意外な結果ではないでしょうか?

育毛剤や発毛剤だったら、「商品の値段が高くて手を出せない!」というイメージを持っているかたが多そうですし、使用経験者が少なくても頷けるというものです。

薄毛に悩んでいてもスカルプケアシャンプーやリンスを使わない理由とは、どういったものなのか?また後ほど迫っていきましょう!

ちなみに今回のアンケートでは、スカルプケアシャンプーやリンスの使用開始平均年齢が約32歳、実際に使用していた平均年月が約6年6ヶ月だということも明らかになっています。

【スカルプケアシャンプーやリンス使用経験のある23人の平均値】
平均使用開始年齢…約32歳
平均使用年月…約6年6ヶ月

約32歳という数値から読み取れるのは、今回アンケートに協力してくれたみなさんは、「若年性脱毛症」のかたもいれば「壮年性脱毛症」のかたもいるのだろうということ。

ちなみに10代や20代で薄毛症状が始まってしまうのが若年性脱毛症、31歳~44歳ぐらいから薄毛症状が始まるのが壮年性脱毛症で、どちらも「AGA(男性型脱毛症)」の一種です。

一方、約6年6ヶ月という平均使用年月はけっこう長いと思いませんか?

スカルプケアシャンプーやリンスは、当然ながら髪を洗うときに使うものです。当然、入浴やシャワーが日課になっているかたが大多数でしょうから、購入さえしてしまえば習慣化しやすいというのがメリットなのかもしれないですね。

【2】「スカルプケアシャンプーやリンスを使用したことがない」と回答した人たちの声

使わない理由は金銭面や、薄毛対策効果への懐疑心?

さて、スカルプケアシャンプーやリンスを使用したことがない77%の人々は、それぞれどのような理由をお持ちなのでしょうか?寄せられたコメントを見ていくと、

「金銭的問題で使用していません」(48歳/神奈川県)

「シャンプーとして考えると割高に思えて、使う気になれないんですよね」(56歳/福岡県)

このように、商品の値段や懐事情を理由にしている声もありました。また、

「シャンプーやリンスに効き目があるという話を聞いたことがないので、最初からあきらめてしまっています」(38歳/群馬県)

「私のように肌が弱い人には、あまりシャンプーやリンスはおすすめではないと聞いたことが…」(55歳/大阪府)

と、スカルプケアシャンプーやリンスの効果を疑問視するような感想も目立ちました…。他には、

「どのシャンプーやリンスを使ったらいいのかわかりません」(33歳/北海道)

「薄毛に焦り始めたのはごく最近のことで、まだ何も対策できていない現状です」(51歳/北海道)

なんて、素直に打ち明けてくれたかたもいましたよ。

【3】「スカルプケアシャンプーやリンスを使用したことがある」と回答した人たちの声

使用してみて「効果アリ」と喜んだ人の体験談が多数!

次は、スカルプケアシャンプーやリンスを使用したことがある人々のコメントをチェックしましょう!

「50歳から約2年間、『スカルプD』のシャンプーを使った結果、髪の毛にボリュームが出てきました」(58歳/茨城県)

「24歳から今の年齢まで、ずっと使っています。試した商品は『不老林ライブアクトシャンプー』から『プレリアップスカルプシャンプー』まで、幅広くですね。効果のほどは、まずまずと言ったところでしょうか」(47歳/千葉県)

「2、3年前からh&s for menの『ボリュームアップシャンプー』を愛用しており、何となくですが、髪の毛にハリが出てきた気はします」(35歳/愛知県)

「41歳のときから8年5ヶ月間、『スカルプD』のシャンプーを使っています。抜け毛を減らす効果はすぐに見られたものの、発毛には至らず…。とは言え、AGAの進行を遅らせる効果はあったかと」(50歳/大阪府)

早いかただと20代の前半から使い始めていますが、“壮年”と呼ばれる年齢になってから対策に着手したかたも多い印象。いずれにしても、実際に効果を得られたという報告には、みなさんも勇気づけられるのでは?

残念ながら使用してみても効果がなかった人の体験談…

とは言え、スカルプケアシャンプーやリンスが万人に対して効果を発揮するわけではなさそうです…。

「25歳の頃に1年くらい使っていましたが全く効き目ナシでした」(47歳/千葉県)

「2016年6月頃からスカルプケアシャンプーを使い始め、今も継続中ですが、効いているのかは正直よくわからないですね」(39歳/岐阜県)

「35歳のときから10年くらい使っているんですけど、効果があるのかないのか判別できず…」(46歳/静岡県)

効果があったと語る人も、なかったと語る人も、使用しているスカルプケアシャンプーやリンスは多種多様。

その商品が自分に合っているのかどうかは、しばらく使い続けてみないと判断できないでしょうし、「この商品は効果が出るかもしれないから、もう少し粘ってみよう」「いや、さっさと別の商品に切り替えるべきだ」という見極めには苦労しそうですね…。

【4】使用経験者23人に聞いた!スカルプケアシャンプーやリンスの人気商品トップ3!

ここでは、今回アンケートに回答してくれた人々の間で人気の高かったスカルプケアシャンプーやリンスのトップ3を見てみます!

「名前は聞いたことがあるけど特徴までは知らない…」という商品があれば要注目ですよ!

第1位:「スカルプD薬用シャンプー」

第1位は、アンファー株式会社の「スカルプD薬用シャンプー」!2005年に一般発売されて以降、リニューアルを重ね、現在では12代目となりました。

代表的な配合成分は、黒・青・黄の3種類の大豆を独自にブレンドした「豆乳発酵液」。これは、髪の毛が抜けてしまう一因となる「悪玉男性ホルモン」に対抗してくれる優れものなんです!

また、頭皮のタイプは人によって違うということに配慮してくれているのも嬉しいポイント。脂性肌の人向けには「オイリータイプ」が、“超”脂性肌の人向けには「ストロングオイリータイプ」が、乾燥肌の人向けには「ドライタイプ」がそれぞれラインナップされていますよ。

第2位:「サクセス薬用シャンプー」

第2位は、花王株式会社の「サクセス薬用シャンプー」!洗剤の「アタック」や入浴剤の「バブ」などで有名な花王ですが、スカルプケアの分野でも活躍していました。

サクセスは頭皮の毛穴に詰まってしまっている皮脂を洗い落としてくれ、その有効成分は強い殺菌力を持つ「ピロクトンオラミン」です。頭皮の健康を阻害してしまうフケやかゆみ、悪臭を抑えることで、抜け毛を防いでくれるというわけです。

また、先端部の「ダイレクトタッチノズル」もポイント!他の商品だと、シャンプー液を手に取ってから頭皮に塗るのが一般的かもしれませんね。しかしサクセスの場合は、ノズルを頭皮に当てて液を直接つけることができ、より高い洗浄効果が期待されます!

同率3位:「プレリアップスカルプシャンプー」他

第3位には、第一三共ヘルスケア株式会社の「カロヤンプログレ薬用スカルプシャンプー」、株式会社資生堂の「不老林ライブアクトシャンプー」、そして大正製薬株式会社の「プレリアップスカルプシャンプー」が同率でランクイン!

今回は、大正製薬のプレリアップスカルプシャンプーにクローズアップしてみます。含まれているのはアミノ酸系の洗浄成分で、シャンプーの泡立ちが良好!頭皮の汚れをスッキリさせ、髪の毛が育つための土壌を清潔に保ってくれるんですね。

さらには「混合植物エキス」、「海藻エキス」、「ホホバアルコール」という3つの保湿剤が配合されており、乾燥から頭皮を守ってくれます!乾燥はフケやかゆみを引き起こし、抜け毛にも影響してきますから、頭皮には積極的に潤いを与えてあげましょう。

【5】スカルプケアシャンプーやリンスでは“発毛”は望めない!

毛を生やしたいのであれば発毛剤「リアップ」シリーズを使おう!

ところで先ほど、スカルプケアシャンプーやリンスを使ったことがある大阪府の50歳のかたが、「抜け毛を減らす効果はすぐに見られたものの、発毛には至らず」とコメントしてくれていたのを思い出してください…。

これって実は、ものすごく真理を突いているんですね。

スカルプケアシャンプーやリンスで抜け毛を予防し、現状を維持することはできても、髪の毛を新しく生やすことは不可能なんです!「育毛剤」でさえ、もとから生えている髪の毛を丈夫に育てる効果しか持っていません。

つまり、もしも髪の毛の本数を増やすのがみなさんの最終目的なら、使うべき商品は「発毛剤」一択になってきます。

しかも、今の日本で市販されている発毛剤は大正製薬の「リアップ」、「リアップ プラス」、「リアップ ジェット」、「リアップ X5 プラス」の4商品だけ!

ちなみに、プレリアップスカルプシャンプーという大正製薬の商品を紹介したばかりですが、これは名前に“リアップ”と入っていても発毛剤ではないので、混同してはいけませんよ。

発毛剤リアップシリーズのウリは発毛成分ミノキシジル配合!

発毛剤リアップシリーズと、それ以外の商品とを区別する基準は、「ミノキシジル」という発毛成分が含まれているか否か!

たくさんの基礎研究や臨床試験の結果、ミノキシジルには医学的な発毛効果があることが確かめられており、それは厚生労働省にも認められているのです。

ミノキシジルは医薬品成分でもありますから、発毛剤リアップシリーズは日本の薬機法(旧薬事法)だと「第一類医薬品」になります。その一方で、ミノキシジルを含んでいない一般的な育毛剤や、“薬用”と謳われているスカルプケアシャンプーやリンスの多くは「医薬部外品」に分類されるということも知っておきましょう。

ミノキシジルの具体的な発毛メカニズムはまだ完全には解明されていませんが、頭皮の血管を拡張することで血流をよくし、血液が髪の毛に栄養を運ぶ手助けをするほか、毛母細胞を直に刺激して発毛を促進するという話も!

これだけ聞くと、ミノキシジルは薄毛で悩む人々の救世主になってくれそうな成分です。発毛剤リアップシリーズに限らず、もっといろいろな商品に配合すればいいのにと思いませんか?

しかし現実問題として、ミノキシジルを含んだ商品を売り出すためには国の認可というハードルを越えなければならず、そう単純にはいかないそうなんですね…。長年にわたって信頼を勝ち取ってきている大正製薬の発毛剤リアップシリーズは、さすがだと言えます!

【6】まとめ――薄毛改善の最終目標は何なのか、「自分会議」してみよう

どの商品を使うべきか決めるのは自分自身!

結局、スカルプケアの正解は1つだけじゃないんですよね。

抜け毛予防はもちろん、毛を育てることや毛を生やすこともスカルプケアですから、これらの中で今の自分が本当に取り組まなければいけないのはどれなのか?自分の頭髪の状態と向き合い、吟味する必要があるでしょう。

まだそんなに深刻ではないようならスカルプケアシャンプーやリンスでも充分かもしれませんし、ちょっと奮発して育毛剤や、ミノキシジル配合の発毛剤を使い始めるというのも手!

「発毛アンサー」も参考にしていただきながら、自分なりのベストな選択肢を探ってみてくださいね。

【文責・株式会社A4studio/監修・新垣形成外科院長 新垣実】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
そのうえで、監修医師による医学的見地、薬機法的見地の事実誤認がないかの確認を得ております。
挿入されている画像やイラストを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。