発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!

【薄毛男性100人に聞きました!】Vol.6 ≪あなたは発毛剤を使用したことがありますか?≫

「発毛剤」と言えば、「育毛剤」と並んでスカルプケア商品の筆頭ですよね!

しかし、実際に発毛剤を愛用している人はどのくらいいるのか?人気のある発毛剤はどれなのか?第一、発毛剤と育毛剤はどう違うのか?

…といった疑問がブレーキになってしまい、発毛剤の使用に一歩踏み出せないというかたもいるのではないでしょうか。

今回、「発毛アンサー」では薄毛に悩んでいる30代、40代、50代の男性100人を対象にアンケート調査を実施!リアルな声に耳を傾けながら、自分は発毛剤を使うべきなのかどうか検討してみてください!

【1】アンケート結果発表!発毛剤使用経験者はたった14%!


≪調査期間2017年3月24日~3月28日≫

使用開始年齢や平均使用年月も分析しています!

さぁ、アンケート結果の発表に移りましょう!

アンケートに協力してくれた100人中、発毛剤を使用したことがある人の割合は…たった14%に過ぎませんでした!!

ちなみに発毛剤ではなく、育毛剤を使用したことがある人の割合は25%でした。発毛剤よりも使用経験者が多いですが、いずれにしても、みなさん薄毛対策にそこまで積極的ではない様子…?

発毛剤を使用したことがない理由についても答えてもらいましたので、次の項目で紹介していきますね。

それと今回のアンケートでは、発毛剤の使用開始平均年齢が約37.2歳、実際に使用していた平均年月が約3年5ヶ月というデータも取れていますよ!

【発毛剤使用経験のある14人の平均値】
平均使用開始年齢…約37.2歳
平均使用年月…約3年5ヶ月

どうやら発毛剤使用経験者のみなさんは、「AGA(男性型脱毛症)」の一種である「壮年性脱毛症」のかたが割合的に多いのかもしれませんね。

“壮年”というのは“青年”と“中年”の中間で、年齢で言うと31歳~44歳あたりです。この年齢に当てはまる方々は、仕事のキャリアがだんだんと積み重なり、社会人男性として仕事にやりがいを感じつつある頃ではないでしょうか?

ただ、仕事に夢中になっていると、食事や睡眠などの生活面でついつい不摂生になってしまうことがあるかもしれませんね。それが薄毛症状のきっかけになってしまうというのは、決しておかしな話ではないでしょう。

また、約3年5ヶ月という平均使用年月も見逃せないポイント!

なぜなら、発毛剤は使い始めてすぐに効果が現れるわけではないのです。例えば大正製薬が販売している発毛剤「リアップ」なら、最低でも6ヶ月間の継続使用が推奨されていますからね。

今回「発毛剤を使用したことがある」と回答してくれたかたの多くは、そういった事情をしっかりと理解したうえで長期的に使い続けているのでしょう!

【2】「発毛剤を使用したことがない」と回答した人たちの声

「発毛剤は買いたくても買えない」というのが実情!?

ここでは発毛剤を使用したことがない86%の人々のコメントを取り上げていきます!薄毛に悩んでいるのに、なぜ発毛剤に頼ろうとしないのか?そこには、大きな傾向が見られました…!

「発毛剤は価格が高いため、使ったことがありません」(50歳/沖縄県)

「値段が高く、手が出ないからです」(48歳/愛媛県)

「金銭的問題」(43歳/東京都)

「発毛剤は高価ですし、長く使い続けるのが難しそうだなと…」(50歳/大阪府)

「育毛剤の使用経験があるので、発毛剤は使ったことがありません。発毛剤は容量の割に価格が高いので、使うのをためらってしまいました」(52歳/宮城県)

そう、発毛剤の使用を検討する際、多くの人がコストの問題を懸念材料にしているんですね。

宮城県の52歳のかたは「発毛剤は容量の割に価格が高い」とコメントしてくれましたが、先ほど挙げた発毛剤「リアップ」の場合だと、1本60ml入りで5,500円(税抜)の商品を1ヶ月で使い切るようになっています。

1ヶ月や2ヶ月使っただけじゃ発毛剤の効果を得られないことは前述したとおりですし、大阪府の50歳のかたのように「長く使い続けるのが難しそう」と感じてしまうのは、ごく自然なことなのかもしれません…。

その他の「使ってこなかった理由」も見てみよう!

他には、以下のようなコメントも集まりましたよ。

「発毛剤は価格の高さも気になりますが、副作用が怖いんですよね」(51歳/北海道)

「私は発毛剤の効果を信じていません」(53歳/東京都)

「発毛剤はどの商品を選んでいいかわからなくて…」(44歳/北海道)

確かに、発毛剤の副作用や、発毛剤はどのような仕組みで効果が出るのかについては、まだまだ世間への周知が不充分なところがありそう…。しかし、

「年齢的に、今から髪の毛を増やすよりは減らさない方を優先したからです」(55歳/大阪府)

このかたは結果として、育毛剤を選んだのでしょうか?だとしたらネガティブな理由ではなく、発毛剤と育毛剤の効果の違いに着目していたみたいです。発毛剤と育毛剤の使い分けについては後述しますね!

また、次のようなコメントも。

「市販の発毛剤には特に興味がありませんでした」(52歳/埼玉県)

この人はもしかすると、日本の薬局で売られている発毛剤ではなく、海外製品や、クリニックなどで処方してもらえる内服薬の方に目を向けているのかもしれません。

今回のアンケートでは「発毛剤は使うのが面倒」、「まだ発毛剤は自分に必要ない」などの意見が目立っていましたが、その一方、自分なりに薄毛対策をコツコツ調べているかたもいたということですね。

【3】「発毛剤を使用したことがある」と回答した人たちの声

使用率が高かったのは発毛剤リアップシリーズ!

今度は、発毛剤を使用したことがある人々のコメントです。何歳頃から、どの商品を使っていたのか教えてくれましたよ!

「40歳のときから11年間、『リアップ』や『リアップ X5』を使い続けています。薄毛が始まってしまった頃から現状維持できているので、ちゃんと効いているような気がしますね」(51歳/栃木県)

「4、5年前、30代に突入したあたりから『リアップ X5』を使い始め、産毛が生えてきました」(35歳/愛知県)

「29歳の頃から3年ほど、『リアップ』を使っていた時期があります」(36歳/愛知県)

「30歳前後のときに『リアップ』を買い、5年間くらい使ったのが最初です。その後、海外から『ロゲイン』、『カークランド』、『ポラリス』といった商品を取り寄せるようにもなりました」(42歳/静岡県)

静岡県の42歳のかたは海外製品にも手を出しているようですが、全員が共通して使っているのは大正製薬の発毛剤リアップシリーズですね。

実を言うと…現在、日本国内で市販されている発毛剤はリアップシリーズだけなので、これは当然の結果でもあります。

【4】使用経験者14人に聞いた!発毛剤リアップシリーズの人気商品を2つ紹介!

発毛剤リアップシリーズには現在「リアップ」、「リアップ プラス」、「リアップ ジェット」、「リアップ X5 プラス」の4種類がラインナップされていますが、ここでは今回のアンケートで票が集中した2つの商品にクローズアップしてみましょう!

「リアップ」(1999年発売)

最も使用経験者が多かった発毛剤は、1999年にシリーズのデビュー作として発売された初代リアップです。その売り文句は、「ミノキシジル1%を配合した日本で唯一の発毛剤」というもの!

詳しくは後述しますが、この「ミノキシジル」という成分こそ、発毛剤リアップの最大の特徴だと言えるんですよ。

そんな発毛剤リアップの値段設定は、1本60mlで5,500円(税抜)、120mlで9,500円(税抜)。これを、「発毛剤は値段が高い!」というイメージを持っているかたがどう捉えるかはわかりませんが、発毛成分ミノキシジルの効果を知ったら、きっと妥当だと思えるはず…!

「リアップ X5 プラス」(2015年発売)

アンケートのコメントの中でリアップ X5の使用経験を語ってくれたかたがいましたが、現在リアップ X5は製造終了となっており、2015年からは「リアップ X5 プラス」という商品が発売されています!

シリーズ最新作である発毛剤リアップ X5 プラスには、ミノキシジルが5%配合。その量は通常のリアップの5倍ということで、より高い発毛効果が期待できるんですね。さらには「ピリドキシン塩酸塩」、「トコフェロール酢酸エステル」、「l-メントール」という3つの成分が“プラス”されており、頭皮環境の改善も見込めるのです!

値段は1本60mlで7,047円(税抜)と、やはり通常のリアップより高価ですが、ミノキシジルの配合量が増えている分だけ発毛効果が早く現れやすいという報告も。発毛剤リアップ X5 プラスは、思い切って投資する価値がある発毛剤なのではないでしょうか?

【5】毛を新しく生やしたいなら発毛成分ミノキシジル配合の発毛剤!

そもそも、発毛剤と育毛剤ではニーズが異なる!

さて、いよいよ発毛剤の仕組みに触れていきますよ!

先述したように、現在の日本で市販されている発毛剤は大正製薬のリアップシリーズのみ。スカルプケア商品の中には育毛剤と呼ばれているものも多いですが、発毛剤と育毛剤の分かれ目になるのが“発毛成分ミノキシジルを含んでいるかどうか”という点なんです!

育毛剤が持っているのは、地肌の血行をよくしたり、頭皮を保湿したりといった効果。今生えている髪の毛を丈夫に育て、抜け毛を予防することは可能なのですが、すでに髪の毛が生えなくなってしまった毛穴に新しい髪の毛を生やすことはできないんですね…。

ところが、ミノキシジル配合の発毛剤は違います!

ミノキシジルには頭皮の血管を拡張して血流をよくする効果があり、血液が髪の毛に栄養を運ぶ手助けをするほか、毛母細胞を刺激して発毛を促進する効果もあるとのことなんです。

その発毛効果には臨床試験による裏付けや医学的根拠があると言われていますし、ミノキシジルは厚生労働省から正式な認可を受けた成分でもありますから、発毛剤リアップシリーズは日本の薬機法(旧薬事法)だと「第一類医薬品」に分類されます。ちなみに、一般的な育毛剤は「医薬部外品」という扱いになりますね。

目的が髪のボリュームアップなら育毛剤を使うのも大いにアリなのですが、新しく髪の毛を生やしたいのであれば、選択肢はおのずとミノキシジル配合の発毛剤に絞られるということですね!

【6】海外製のミノキシジル配合・発毛剤もあるみたいだけれど…

海外製・発毛剤はリアップシリーズに安心度で負ける?

ただ、海外製品にまで視野を広げると、ミノキシジルを含む発毛剤はリアップ以外にも見つかるのです!

先ほど紹介した「発毛剤を使用したことがある」かたのコメントに名前が登場していた「ロゲイン」、「カークランド」、「ポラリス」は、まさに海外の発毛剤の代表例と言えるでしょう。

ロゲインとカークランドはミノキシジル5%配合なので、大正製薬の発毛剤リアップ X5 プラスと同等の配合率ですし、ポラリスシリーズの中にはなんとミノキシジル16%配合という、かなり高濃度な商品まで!?

とは言え、もともと高血圧の治療薬として開発されたミノキシジルには、副作用のリスクもあるというのが正直なところ…。

もちろんリアップシリーズにも副作用の問題はつきまといますが、日本の厳しい認可基準を突破して販売されている唯一の発毛剤だということに間違いはありません。海外製品に軽はずみに手を出すよりは信頼が置けるかもしれません。

【7】まとめ――あなたの薄毛対策のゴールは育毛?発毛?

いずれ、発毛剤ユーザーが育毛剤ユーザーの数を上回る!?

改めて今回のアンケートを振り返ってみると、発毛剤の使用経験者は、育毛剤よりも少ないんですね。

「育毛剤で今生えている髪の毛を育てるより、発毛剤で新しい髪の毛を増やすことの方が薄毛対策にとっての近道なんじゃ…?」と考えているかたにとっては、意外な結果だったのではないでしょうか?

みなさんのコメントからは、発毛剤の値段の高さを気にしていることが伝わってきたものの、まずは自分で一度使ってみない限り、発毛剤の真価には迫れないですよね。

大正製薬の発毛剤リアップシリーズは、海外製品とは違って国のお墨つきです。発毛チャレンジのファーストステップとして使い始めるはピッタリだと言えますので、購入を前向きに検討してみても損はないはずですよ!

【文責・株式会社A4studio/監修・新垣形成外科院長 新垣実/イラスト・もりいくすお】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
そのうえで、監修医師による医学的見地、薬機法的見地の事実誤認がないかの確認を得ております。
挿入されている画像やイラストを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。