発毛に関する様々な悩みに 今すぐアンサー!

【薄毛男性100人に聞きました!】Vol.13 ≪あなたは「発毛のメカニズム」や「AGAの原因」を説明できますか?≫

薄毛に悩んでいるみなさんは、どうすればこれ以上、症状が進行しないかと気を揉んでいるかたが多いでしょうが、はたして「発毛のメカニズム」や「AGA(男性型脱毛症)の原因」についてきちんと把握している人はどれぐらいいるのでしょうか?

薄毛への危機感を抱いていても、ぼんやりとしてしか知らず、実は熟知している人は多くないのかも…。

そこで今回は薄毛に悩んでいる30代、40代、50代の男性100人を対象とし、「発毛アンサー」が独自にアンケート調査してみました!

【1】アンケート結果発表!「説明できる」はわずか3%!


≪調査期間2017年3月24日~3月28日≫

薄毛に悩んでいても「説明できない」人は9割越え!

「あなたは『発毛のメカニズム』と『AGAの原因』を説明できますか?」というアンケートの結果はこのとおり。

「説明できる」と答えた人は、全体のわずか3%!

薄毛に悩んでいるとはいえ、そのために病院に通って医師から説明を受けたり、詳しく調べたりすることがないということなのでしょう。

しかし、薄毛を改善するためには、なぜその問題が引き起こされているのかを知るのは必要なこと。

とは言え現時点で説明できないことを恥じる必要はありません。今からしっかりと知識をつければいいだけの話ですからね!

【2】アンケートに答えてくれたみなさんの“違いの説明”

「説明できない」と回答した人による“予想説明”

今回のアンケートでは、「説明できる」と回答した3%のかただけでなく、「説明できない」と答えた97%の方々にも、「発毛のメカニズム」や「AGAの原因」を予想してもらい、わかる範囲で回答していただきました。

ということで、まずは「解説できない」というかたのコメントの中からいくつかご紹介します!

「頭皮環境の悪化が抜け毛につながるのではないでしょうか」(52歳・埼玉県)

「ストレスなどの要因で発毛に必要な機能の低下や壊死などが起こり、発毛する力が衰える、もしくはなくなってしまうのが原因ではないかと思います」(38歳・群馬県)

「ホルモンバランスの悪化により発毛サイクルが短くなり、毛の太さが細くなったり、抜けるまでの期間が短くなるため」(53歳・神奈川県)

このほかに、「遺伝が原因」、「加齢によるもの」、「髪に栄養がいかなくなった」などの回答も多く見られました。みなさん詳しくはわからなくとも、ある程度イメージができているようですね。

「説明できる」と回答した人による説明

続いて、「説明できる」と答えた、数少ない人たちの回答を見てみましょう!

「男性ホルモンが影響して引き起こされる」(34歳・福島県)

「遺伝的要素が大きいようです」(51歳・栃木県)

「髪の発毛サイクルが短くなるのがAGAの原因です」(47歳・千葉県)

決して間違いではありませんが、「説明できる」と答えた人でも、そこまで詳しく解説できるというわけではないようですね…。

果たして、これらの答えは合っているのでしょうか!?

具体的に「発毛メカニズム」と「AGAの原因」についてご説明しましょう!

【3】けっこう難解!?「発毛メカニズム」を詳しく解説!

発毛のメカニズムの根幹、「ヘアサイクル」を知ろう

まずは「発毛メカニズム」について。

髪がどうやって生えるのか、ということですね。少し難しい話になりますが、お付き合いください。

髪は、大きく分けて「毛幹部」と「毛根部」に分けられます。毛幹部はいわゆる髪の毛と呼ばれている部分で、毛根部は毛が生える根元に当たります。

発毛する際には、毛根部にある毛母細胞で髪の毛が作られ、毛乳頭から栄養や酵素を与えられることで、細胞分裂を繰り返し、私たちがよく知る、黒くて固い毛になるというわけです。

また、髪の毛には「ヘアサイクル」と呼ばれる発毛周期があり、約2~7年ほどかけて、毎日発毛と脱毛を繰り返します。なんと正常な人でも、1日あたり50~100本もの毛が抜けているんですよ!「日本毛髪科学協会」では、1日の脱毛数は100本以内が正常と定義されていますからね。

「ヘアサイクル」は3つの期間に分かれている!

ちなみに、ヘアサイクルは3つの期間に分かれています。

●成長期…毛母細胞が細胞分裂し、髪の毛が成長する期間(正常時2~6年)

●退行期…髪の毛の成長が鈍くなる期間(約2週間)

●休止期…髪の毛の成長が完全に止まり、抜け落ちる期間(約3~4ヶ月)

この3つの期間が繰り返されることで、髪の毛が作られ、脱毛し、再び発毛するということなんです。逆に、AGAの人は、このサイクルがうまく機能していないため、薄毛になるんですよね。

ポイントは成長期!

簡単に説明すると、正常であれば2~6年ある成長期が著しく短くなってしまうことで、次第に毛の総本数が減っていってしまうということになります。

【4】意外と知らない!「AGAの原因」を詳しく解説!

必ずしも「薄毛」=「AGA」ではない

続いて、AGAの原因についてご説明しましょう。

そもそもAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症という意味です。

症状としては、前頭部の髪の生え際が後退してしまうこと、もしくは頭頂部の髪の量が減り、地肌が見えやすくなってしまうことなどが挙げられます。

そのほかにも、「抜け毛が増えた」、「髪の毛が伸びにくくなった」、「毛が細くなった」というのもAGAのかたに多く見られる症状と言われていますね。

ここで一つ注意しなければいけないことがあります。それは、薄毛だからと言って、必ずしもAGAではないということ!

「AGA」の原因と症状をご説明!

あなたの症状がAGAなのかそれ以外なのか、大きな違いはその原因です。

上記のイラスト図をご覧ください。まずAGAとは、男性ホルモンの一種であるテストステロン(図のT)が5α-還元酵素と結びつき、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(図のDHT)となって毛乳頭に悪影響を及ぼすことで、ヘアサイクルの異常を引き起こしている状態!

これにより成長期が短くなって、髪が太く丈夫に育つ前に抜けてしまうというわけですね…。

そのほかにも、遺伝的要因が関係していると言われています。一部の遺伝子がAGAに関与していることが報告されていますが、実際にどの遺伝子が原因になっているのかまではまだ完全には解明されていません。しかし、父親や祖父など親族の誰かがAGAを発症している場合、そうでない人に比べてAGAになる確率が高いことがわかっています。

また、AGAの場合、症状は前頭部や頭頂部などの限定された部分のみに現れるという特徴もあります。放っておくと症状が進行していく一方ですので、なるべく早く治療を始めることが症状改善の第一歩!

「AGA」以外の原因はどんなもの?

次に、AGAではないその他の薄毛についてですが、その原因は血行不良や食事、睡眠、ストレス、フケ症などが挙げられます。

その他の薄毛の特徴は、症状の進行が早いですが、その代わり薄毛の原因を取り除けばすぐに症状が回復することもあるという点。粃糠性脱毛症(フケ症)がその代表例ですね。

このように、AGAは男性ホルモンの影響によるヘアサイクルの異常が原因で、その他の薄毛は主に頭皮環境の悪化や生活習慣が原因だという違いがあるのです!

【5】AGA、薄毛対策には発毛効果がある発毛剤がおすすめ!

AGA対策にベストなのは発毛剤を使用すること?

では、AGAや薄毛を改善するためには、どのような対策をとるべきなのでしょうか。

もちろん一番はAGAを専門とする医師に診てもらうことですが、お金もかかりますし、定期的に通院するのは時間的に難しい人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、育毛剤や発毛剤などの薄毛対策商品を使うことなんです。

特に発毛剤には、AGAに有効とされる「ミノキシジル」が含まれているため、自宅で手軽にAGAを治療することができるというメリットがあります。

ちなみにミノキシジルとは発毛効果がある成分で、厚生労働省が唯一認める発毛成分のこと!

育毛剤では“新しく毛を生やすこと”はできない

しかし、今のところ日本で一般的に市販されている発毛剤は、大正製薬が開発した「リアップ」シリーズしかないというのが現状なんですね。

一方、育毛剤にはミノキシジルが配合されていませんが、頭皮の血行をよくするなど、発毛環境を整えてくれる効果があります。

ただ残念ながら、育毛剤はあくまで“毛を育てる”もので、毛が生えなくなった毛根に新たな毛を生やすといった効果はないんです。

これを踏まえたうえで、育毛剤と発毛剤のどちらを購入するか、検討してみてくださいね。

【6】毛を生やしたいなら発毛剤「リアップ」シリーズ

発毛剤「リアップ」シリーズは4種類

最後に、日本で唯一の発毛剤である「リアップ」シリーズについて、簡単にご紹介しておきましょう。

大正製薬の「リアップ」シリーズの発毛剤は、「リアップ」、「リアップ プラス」、「リアップ ジェット」、「リアップ X5 プラス」という4商品が展開されています。

大きな特徴は、発毛成分ミノキシジルが含まれていること。リアップ、リアップ プラス、リアップジェットには1%、リアップ X5 プラスにはその5倍の5%配合されています。

ミノキシジルの配合量はリアップ X5 プラスがリアップシリーズ最大ですので、一番AGAに効果があるのはリアップ X5 プラスと考えていいでしょう。

また、リアップ以外のシリーズ商品には、ミノキシジルだけでなく、発毛環境を整える成分がいくつか入っており、発毛と同時に発毛しやすい頭皮の環境づくりをしてくれるという特徴も!

そのためAGAに限らず、血行不良などの頭皮環境悪化によって引き起こされる様々な薄毛に対して効果が期待できる商品だと言えるんですね。

ちなみに、リアップ プラスとリアップ ジェットは薬液自体(中身)こそ同じですが、後者はジェット噴射式を採用しているため、より使いやすさが向上しています。また、価格も他の製品に比べて低めに設定してありますので、お試し感覚で使ってみたいというかたにもおすすめですよ。

このように、「リアップ」シリーズは薄毛に悩む多くの人々に“発毛”という希望をもたらす、まさに救世主的存在と言えるかもしれませんね。

【7】まとめ――急がば回れ!薄毛の改善は原因を知ることから始まる

まずは自分自身の頭皮のことをもっとよく知ろう

薄毛は多くの男性が不安に感じている問題です。

しかし、今回のアンケート結果では、ほとんどの人がその原因を説明できないということがわかりました。

急がば回れという言葉がありますが、薄毛を改善したいと考えるなら、まずは原因をきちんと知ることが第一歩。そして自身の症状がどのような状態に当てはまるかも知り、その症状に合わせた対策を立てる必要があるわけです!

みなさんもぜひ、「発毛のメカニズム」や「AGAの原因」を改めて勉強してはいかがでしょうか?

【文責・株式会社A4studio/監修・新垣形成外科院長 新垣実/イラスト・もりいくすお】

※本記事の内容は株式会社A4studio所属記者が執筆したものです。
そのうえで、監修医師による医学的見地、薬機法的見地の事実誤認がないかの確認を得ております。
挿入されている画像やイラストを含め、本記事の文責(記載された内容の責任)は株式会社A4studioが負っています。